ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

緊急インタビュー 週刊文春7月24日号 ワイド特集 日銀幹部万引き本『役人の掟』の著者 原英史氏 ちょっと申し訳ないと語る。

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

本日発売された週刊文春7月24日号『石原伸晃 英霊が眠る海でシュノーケリング三昧』
1300円の「役人批判本」を万引きして逮捕された日銀幹部53歳↑万引きされた本という特集が掲載されていました。

さっそくですが日銀幹部の方が万引きした「役人の掟」の著者原英史氏へインタビューです。

記者: 週刊文春7月24日号で、日銀幹部が役人批判本の日本人を縛りつける役人の掟」(原英史著、小学館)を万引きした事件が報じられています。日銀幹部の方が万引きしてまで読みたい本のようですが原さんさんはこの事件をどう受け止めていますか?

原: 受け止めるというか、、、基本的にはコメントのしようがありませんが・・。
  まず、日銀幹部の方が万引きした「役人の掟」(自著)は「役人批判本」ではありません。週刊文春さんで「役人批判本を万引き」とされているのは間違いなのです。この本は最近よく新聞報道などでもでてくる「岩盤規制」とは何なのか、農業・医療・教育・交通・雇用など、全21テーマにわたって解説したものなのです。
書店でもちょっと違うコーナーにおかれていることがありますが、本来は「政治・行政」と「ビジネス・経済」の両コーナーにおいていただくべき本だと思っています。
理由ですが「岩盤規制」は、安倍内閣が取り組もうとしながら難航している最大の難題のひとつであり、また、「岩盤規制」のある分野は、規制さえ取り除かれれば、新たなビジネスチャンスがごろごろと転がっている宝の山ということです。

記者: なるほど。日銀幹部の人は、ビジネス・経済活動に直結する内容なので、関心を持ったのかもしれませんね。

原: 日銀ですからねえ。 勝手な憶測ですが、ひょっとすると今回事件を起こされた方は、この本は題名と表紙だけみると「軽くてやわらかめの本」にみえるため、レジに持っていくのが恥ずかしいと感じられた可能性があるのかもしれません。もしそうだとしたら、ちょっと申し訳ないことをしました。

記者: つまり大人がちょっとセクシーな本をレジにもってゆきにくいのと同じ話ですね。

原: うーん、似てますね。本当はこの本の題名は、私のもともとの案では「岩盤規制の正体」だったのです。出版社さんから「それじゃ売れない」ということで、やわらかめにみえる体裁にしたのですが。

記者: なるほど、もしそうだとしたら「真面目な経済書籍」の装丁にしておけばよかったですね(笑)。なんだか意地悪そうな役人の表紙ですし。

原: まあともかく、この本は、表紙はやわらかく、文章もわかりやすくしてありますが、内容は最先端の政策課題とビジネスチャンスに関する真面目な本です。このことを、書店の方々にもしっかりお伝えしたいと思います。アベノミクスの今後の展望や、新たなビジネスチャンスなどに関心ある多くの方々に、ぜひ手にとっていただければと思います。

記者: とってもらうんですか・・・・。

原:  あ、「手にとって」というのは、もちろん買っていただけたらということです。

記者: わかりました。

東京プレスクラブの記事一覧をみる ▶

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP