ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂本真綾のシングルコレクションのハイレゾ音源が配信開始と同時に初登場1位を獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アニメーションを中心とした人気レーベル「flying DOG」が7月2日より、音楽サイト「VICTOR STUDIO HD-Music」においてハイレゾ配信を開始した。その第一弾として、坂本真綾の「シングルコレクション プラス ハチポチ」をはじめとする、過去のヒット・アルバム5タイトルを配信。特に「シングルコレクション プラス ハチポチ」は配信開始と同時に初登場1位を獲得した。


さらに翌週7月9日には第二弾として菅野よう子プロデュースによるMBS・TBS系TVアニメーション『マクロスF(フロンティア)』のサウンドトラックシリーズ『マクロスF(フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。』や第13回日本ゴールドディスク大賞も受賞した誰もが知るOPテーマ「Tank!」を含む『COWBOY BEBOP』のサウンドトラック第一弾など、4タイトルを追加配信! いずれもビクタースタジオ FLAIRが有するオリジナル技術『K2HDプロセッシング』(※)を用い96/24化したものとなる。是非これらの名盤達を「ハイレゾ」で体感していただきたい。

FlyingDogからハイレゾ配信が開始されたのは、下記の9作品。

【第一弾 2014年7月2日配信】

■『シングルコレクション プラス ハチポチ』/坂本真綾(96kHz/24bit WAV/FLAC)

■『カードキャプターさくら 主題歌コレクション』(96kHz/24bit WAV/FLAC)

■『ULTRA FIRE!!』/Fire Bomber(96kHz/24bit WAV/FLAC)

■『Dream Field』/See-Saw (96kHz/24bit WAV/FLAC)

■『Everlasting Songs』/FictionJunction (96kHz/24bit WAV/FLAC)

【第二弾 2014年7月9日配信】

■『MBS・TBS系TVアニメーション マクロスF(フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。』/菅野 よう子(96kHz/24bit WAV/FLAC)

■『COWBOY BEBOP』/シートベルツ(96kHz/24bit WAV/FLAC)

■『Styles』/May’n(96kHz/24bit WAV/FLAC)

■『COLLECTION SIMPLE PLUS』/ALI PROJECT(96kHz/24bit WAV/FLAC)

なお「VICTOR STUDIO HD-Music」からは、続々と過去の名盤や新譜がハイレゾ音源で配信されることが決定している。

『シングルコレクション プラス ハチポチ』/坂本真綾(1999.12.16 CDリリース)
今回第一弾配信と同時に1位を記録した、坂本真綾のアルバム『シングルコレクション プラス ハチポチ』は1999年に発売された、初のシングルコレクションとしてヒットした作品。同作のヒットで「シンガー 坂本真綾」の名前を世に知らしめるきっかけとなった重要な1枚である。全曲が菅野よう子の作曲・編曲・プロデュース作品となっており、デビュー曲「約束はいらない」から大ヒット曲「奇跡の海」、「プラチナ」、ライブの定番曲「ポケットを空にして」等、ファンならずとも楽しめる名曲、ヒット曲のオンパレードである。

『カードキャプターさくら 主題歌コレクション』(2001.12.19 CDリリース)
日本を代表するマンガ家集団「CLAMP」が原作及び制作に携わり、アニメファンを虜にしたNHKアニメーション『カードキャプターさくら』。もちろん本作もアニメに負けず劣らずの内容。広瀬香美が作詞した「Catch You Catch Me」や菅野よう子×坂本真綾の名曲を「プラチナ」等、歴代のオープニング&エンディングテーマ9曲を楽しめるほか、ボーナストラックも充実しているアニメファンマストアイテムだ。

『ULTRA FIRE!!』/Fire Bomber(1999.04.07 CDリリース)
1995年日本ゴールドディスク大賞アルバム・オブ・ザ・イヤーアニメ部門を受賞するなど、マクロスシリーズの中で最も「歌」にフォーカスされていると評価される『マクロス 7』。本作は劇中に登場するバンド“Fire Bomber”唯一のベストアルバムである。ヒット曲だらけのラインナップに加えて、新曲「I CALL YOUR NAME」も収録。

『Dream Field』/See-Saw (2003.02.21 CDリリース)
『機動戦士ガンダムSEED』EDテーマ「あんなに一緒だったのに」や『.hack//SIGN』OPテーマ「Obsession」等のヒット曲も多数収録された、梶浦由記サウンド&石川智晶ヴォーカルを存分に堪能できるエバーグリーンなアルバム。

『Everlasting Songs』/FictionJunction (2009.02.25 CDリリース)
2009年2月25日、CDリリース。梶浦自身が作詞・作曲・編曲した楽曲を新たにセルフカバーした14曲+新曲1曲の計15曲を収録。実力と個性を兼ね備えた6人の歌姫が、独創的な梶浦の音楽世界を歌唱で彩る“Everlasting”なアルバム。“FictionJunction”とは、梶浦由記のソロプロジェクト名である。

『MBS・TBS系TVアニメーション マクロスF(フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。』/菅野よう子(2008.06.04 CDリリース)
2008年6月4日、CDリリース。発売当時オリコンチャート5位以内に飛び込むセールスを記録した大ヒットアルバム。菅野よう子プロデュース。“ランカ・リー=中島愛”、“シェリル・ノーム starring May’n”の歌うヒット曲群の他、坂本真綾のOPテーマ「トライアングラー」も収録されている。さらにはワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のBGMもてんこ盛りの濃厚なサウンドトラック。

『COWBOY BEBOP』/シートベルツ(1998.05.21 CD リリース)
菅野よう子プロデュース。サウンドトラック第一弾。国内外から幅広いファンがいる名作アニメ『COWBOY BEBOP』のOPテーマ「Tank!」をはじめとしたビッグバンドジャズはマイルスやモンク、コルトレーン等で知られるエンジニア、ルディ・ヴァン・ゲルダーが 録音を手掛けた。「ジャズは苦手」と公言する菅野よう子が放つ新しいジャズの世界をハイレゾで体感しよう。第13回日本ゴールドディスク大賞受賞作。

『Styles』/May’n(2009.11.25 CD リリース)
サウンドプロデューサーに鷺巣詩郎を迎えたMay’n 1枚目のオリジナルフルアルバム。代表的ヒット曲「キミシニタモウコトナカレ」や 重厚なバラード「Deep Breathing」、さらにマクロスF挿入歌のセルフカバー等、佳曲ばかりを詰め込んだ珠玉のアルバム。

『COLLECTION SIMPLE PLUS』/ALI PROJECT(2006.07.26 CD リリース)
タイトルは仏語で、“コレクシオン・サンプル・プリュ”。キュートなポップスから妖艶なゴシックロリータサウンドまで、96年~06年の10年の変遷をヒット曲でつづるベストアルバム。サウンドトラックでしか聞けなかったアニメ『NOIR』のイメージソング「赤と黒」も収録さている貴重な作品。エキセントリックで超人級の宝野アリカのヴォーカルと、片倉三起也の独創的なサウンドが深遠なる幻想の世界へと導く。

【ハイレゾ・K2HDについて】
『ハイレゾ音源』とは、CDを超えてよりマスターが持っている情報量に近い高解像度の音源(データ)のことで、CDよりも情報量の多いハイレゾ音源ではきめ細やかな音になり、CDでは再生できない空気感と臨場感を表現することができる。その情報量はCDの3倍~6、5倍と言われている。

(※)『K2HDプロセッシング』とは、主にCDフォーマットの16bit/44.1kHzなど下位フォーマットでのみマスターが現存する音源を、デジタル高音質化技術「K2」の最新システムにより、最高192kHz/24bitまでの上位フォーマットへのデジタルベースでのアップコンバートを施し、配信するものである。















(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
VICTOR STUDIO HD-Music

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP