ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたの英語、気持ちまで伝わっていますか?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 英語だとなかなか気持ちまで伝えられない…という方は多いですよね。
 それは、あなたが使っている英語が、学校の教科書や参考書で教わったままだからかもしれません。ちょっとひと言変えたり、付け加えたりするだけで、グッと伝わる英語になるんです。
 では、そのポイントをいくつかご紹介しましょう。

■「とっても気に入りました!」と伝えたいときは…?
 もちろん“I like it.”でも「気に入りました」という気持ちは伝わります。でも、残念ながら「とっても」というところまでは伝わりません。
 「とっても気に入りました」と言いたいなら、“do”をプラスして、“I do like it.”と言いましょう。“do”をプラスするだけで、言いたいことを上手に強調することができるんです。しかも丁寧に聞こえるので、いろいろなシチュエーションで使えて、とても便利です。

■「もうとにかくキレイ!」と言いたいときは…?
 「キレイ!」なら“It’s beautiful!”でいいのですが、「もうとにかくキレイ!」と強調したいときもあります。その場合はあ、“simply”をプラスします。“It’s simply beautiful!”といいえば、「もうとにかくキレイ!」という気持ちが伝わります。ちなみに、“simply”には「とにかく〜」という意味があり、後ろにくる言葉を強調してくれます。“It’s simply…”で、「もうとにかく〜だ」「最高に〜だ!」というニュアンスになります。

■「いっこうにかまいません」は何と言う?
 「かまいません」を“I don’t mind. ”と言うのは、みなさんご存じでしょう。ですが、「いっこうにかまいません」ともっと相手を気遣いたいときは、“at all”をプラスしましょう。“I don’t mind at all.”とすれば、「全然いいですよ」「いっこうにかまいませんよ」というニュアンスに変わります。

 このように、私たちの良く知っている英語に、ちょっとひと言付け加えたり、一部言い換えたりするだけで、気持ちまでしっかり伝わる英語になります。こういったテクニックを1冊にまとめたのが、英語本のベストセラー著者であるデイビッド・セインさんの『英会話は伝え方で9割決まる』(アスコム刊)。
 ネイティブのような英語はしゃべれない…と思っていても、想像以上に簡単に近づくことができるはずですよ。
(新刊JP編集部)

【関連記事】 元記事はこちら
中高6年勉強しても日本人が英語を話せないワケ
「Okay」を頭につけるとケンカ腰に
「ごちそうさま」を英語で何て言う?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP