ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【かしこい「空」旅のススメ】(4)LCCで追加料金を取られないための防止策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「LCCってすぐ追加料金を取られるんでしょ?」――そう言われることはいまだに多く、LCCを利用してみたいけれどまだ乗ったことがない人の理由の1つになっている。
たしかに、大手航空会社とLCCを比べると、その大きな違いの1つが手荷物の取扱方法。空港のチェックインカウンターで預ける荷物(受託手荷物)がLCCの場合、1個目から有料になのが基本。バニラエアのみ、通常販売する最も安い運賃「シンプルバニラ」」でも1個20kgまで無料なのはLCCでは珍しいケースだ。
今回は、LCCで追加料金を支払わなくて済む方法などをご紹介する。
■荷物を最小限に抑えるまずはこれが基本。とにかく飛行機に乗る時の荷物を減らす。セール運賃やLCCの最安運賃の場合、機内に持ち込む手荷物1個(※Peachの場合は10kgまで)が無料なことが多く、規定のサイズを事前にしっかり調べ、持参するカバンやスーツケースに入る荷物をあらかじめ厳選する。旅先での土産が増えるスペースも想定しておく。
■最初から受託手荷物込みの運賃を購入するたとえば、Peachの「ハッピーピーチプラス」だと、通常は最安のハッピーピーチの運賃よりやや高いものの、受託手荷物が最初から1個無料(※重量超過荷物などは別途料金)なので、空港で泣く泣く預ける羽目になって追加料金を支払うよりおトク(しかも事前座席指定ができる ※スタンダードシート、プレジャーシート)。空港でのストレス、心配事も減る。帰りだけ土産が増えることを想定してこちらを選ぶ手もあり。受託手荷物分を先にオプションで追加するのも手で、空港よりも事前に支払っておくほうが安い。もちろん、前述のバニラエアを利用するとこの心配はほぼなくなる。
■航空券はネットで購入するLCCの航空券は「インターネットでの購入」が基本。もちろん電話(コンタクトセンター)や空港カウンターでも購入することができるが、ホームページで販売されている運賃よりも割高だったり、発券手数料が別途請求されたりする。また、購入した航空券は自宅や職場でできれば印刷(プリントアウト)する。海外の某LCCで印刷できなかったがために航空券が空港発券の扱いとなり、高額な手数料を支払う羽目になった。日本のLCCではまだそういった傾向は見られないが、いつシステムが変更になってもおかしくなく、印刷した航空券を持参するにこしたことはない。

(Writtten by Aki Shikama)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【台北 最新レポ】 ファミマ、丸亀製麺・・・台北での「日本」進出度がスゴすぎる
【台北 最新レポ】 台湾のスタバに「中国茶」メニューがある!
【NY最新レポ】 アメリカと日本の「スタバ」こんなに違う!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP