ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

往年の人気アニメで起きた放送事故が話題に 「素直すぎ」「なごむ」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫
往年の人気アニメで起きた放送事故が話題に 「素直すぎ」「なごむ」の声

先日は『情報ライブ ミヤネ屋』で起きたスタッフの見切れ事故が「心霊映像では!?」と話題になり、それを受けて、後日、番組中に事情を説明をするという一幕が起きたばかりだが、そうした「放送事故のフォロー」について、ある昔の人気子供向け番組の例が現在話題となっている。

その番組は、1988年から1989年にかけてテレビ朝日系で放映されていた子供向けアニメ『鎧伝サムライトルーパー』。当時このアニメは、キャラクター商品の版権ビジネスなども含め、空前の大ヒット作となったが、実はその放映期間中、”思いもよらぬアクシデント”が起きてしまった。

それは、テープの取り違いミスにより、その週に放映される予定だったものではなく、あろうことか、前週に放映されたものを流してしまうという信じられない事故。そのため、今回話題となっている「おわびテロップ」が流されたというわけだ。とはいえ、その内容は実にほのぼのとしたもの。そのため、これを見たユーザーからは、

「素直すぎワロタwww」
「なんだかなごむわー」
「いい時代だったなぁ…」
「ある意味、かなり誠実」
「”本当にごめんなさい”って今は言えないよな」

と、「古き良き時代」のテレビ文化に「なごんだ」という声も。猛烈なクレームが殺到する昨今のテレビ業界にあっては、こうした対応はかなり実現しづらいものなのかもしれないが、逆にそうした時代だからこそ、このような「ゆるい」感じも、求められているのかもしれない。

文・鈴木將義

【参照リンク】
・該当ツイート
https://twitter.com/HEDabsymbel/status/478058700158926848/photo/1 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。