ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネイティブアメリカンの聖地 水温100℃の「青い温泉」写真

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「すべての人にとって、それぞれ、世界のどこかに、奇跡に出逢える聖地が必ず存在する」。写真家・稲田美織氏は、世界各国の民族が「聖なる地」として信仰する地を巡り、写真に収めてきた。

 古来、人々が祈りを捧げてきた神秘の光景。ここで紹介するのは、新刊『奇跡に出逢える世界の聖地』(小学館)にも紹介されているアメリカ・ワイオミング州の「青い温泉」だ。

 この温泉は、イエローストーン国立公園に広がる。水温は100℃近く、人間は入ることができない。太古、火山の爆発によって出現した地形で、ネイティブアメリカンの聖地となっている。

撮影■稲田美織

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号


【関連記事】
ハワイは奇跡に出逢える聖地 空にかかった「三重の虹」写真
ヒンドゥー教祭典に髪を2m近く伸ばし続けている修行者が登場
溥儀が愛した旧満州の温泉に女性エッセイストが入浴する写真

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP