ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

杉村太蔵氏ら 仕事で成功し出世するための秘訣・工夫を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 バブル崩壊後、多くの企業でコストカットが命題となる中、社員の待遇や生活を軽視した利益至上主義の企業が急増。2013年の「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10を受賞するなど、私生活が崩壊し健康を害するような長時間労働、将来設計が立たない低賃金で若者を使い捨てる「ブラック企業」が話題となって久しい。そうした影響を受け、仕事や職場環境が原因でうつ病を発症する人や休職者も増加。「職場うつ」として社会問題になっている。

 しかし、現在の仕事や職場に不安や不満があっても、厳しい就職活動を経験し、引き続き不安定な経済環境にいる20代、30代にとって、転職という選択肢に踏み出すことをためらう人は多い。就職活動支援サービス大手・リクルートキャリアが運営する求人情報サイト、リクナビNEXTの調べによると、「自分に合っている仕事に出会ってみたいと思う」20代後半のビジネスパーソンは85%だが、「自分に合っている仕事に出会えるとは思わない」という人は56%。「働き方」について漠然とした不安がある若者は過半数を超え、多様な「働き方」を知るための機会を求めている人も多いようだ。

 こうした中リクナビNEXTは、7月7日に都内某所のバーで、若者の働き方相談を受けるイベント「ぼくらの働き方の可能性が広がる夜」を実施。イベントではまず、自らも転職経験があり、若者の「働き方」事情に詳しい3人のゲスト、元衆議院議員でニートやフリーター問題に取り組むタレントの杉村太蔵さん、大人向けの就業体験を「旅行」という形で提供する仕事旅行社 代表取締役の田中翼さん、生きるように働く人の求人サイトなど多くの「働く」にまつわるプロジェクトを手がける日本仕事百貨代表で、シゴトヒト 代表取締役のナカムラ ケンタさんによるトークショーが行なわれた。

 若くして起業したり、議員やタレントになるなど、成功体験を持った3人だが、仕事に対する意識はまさに3人3様。

「お金を増やすことで“人の可能性を広げたい”と考えて金融関係に就職したが、リーマンショックで顧客の資産を減らしてしまい、罪の意識で退職。自分に共感してくれる人と、やりたいことをやる仕事を探して起業しました」(田中さん)

「転勤族の子供で地元がなかったので、“居場所作りをしたい”と考えて不動産会社に就職。仕事へのギャップを感じた際に、上司から『まずはやれ!』と言われて、もやもやした気持ちからバーに通いつめるうちに“その場所にあった人を引き合わす”居心地のいいバーのような求人会社を作りました」(ナカムラさん)

「弁護士試験に落ちて大学を中退し、清掃員のアルバイトから、“縁とチャンス”を生かして、外資系証券会社、衆議院議員、タレントへと転身」(杉村さん)

 集まった20代~30代のビジネスパーソンたちも熱心に耳を傾けたり、メモを取ったりする中、とりわけ熱い視線を集めていたのが杉村さんだ。

「行動を起こせば必ず何かできます! 小泉(純一郎)さんへのファンレターのつもりで応募した改革論文が党の目に留まり、電話連絡があった際に『5分以内に行きます』と返事をしたことで、1000人を超える応募者の中から立候補が決まりました。

 また、出世して成功するには、例えば上司に『ボールペンを持って来い』といわれたら、黒、赤、青のボールペンにメモ帳も添えて渡す“プラス1”の発想が必要です」(杉村さん)

 どちらかといえば親たち世代が、普通に実践してきたようなポジティブな働き方だが、杉村さんの話術もあり、若者世代にはかえって新鮮に心に響いたようだ。キャリアアップの手段のひとつとして、転職も当たり前の選択肢だった親世代とは、社会的な背景に異なることはあっても、行動力や“気の利いた対応”が、立場を引き上げてもらうきっかけになることは、今も昔も変わりない。

 最後に改めて3人それぞれから、仕事で成功する秘訣やアドバイスが出されトークショーは閉幕した。

「外の世界を知ることで、自分の価値観を知ること」(田中さん)
「やりたいことをやり続けるか、目の前のことを100%やること」(ナカムラさん)
「全然興味のない分野の本を月1冊読み続けて、自分の可能性や幅を拡げること」(杉村さん)

 仕事の悩みは、なかなか親や家族に話せないことも多いが、人生や働くことの大先輩でもある親の言葉は、友人や同世代とはまた違った重みや気付きがあるはずだ。また、親の側も時には“我が子へ”といった視点を離れ、共に社会で働く先輩の1人として、仕事の楽しさや悩みについて話し合ってみるのも、お互いの刺激になるのかもしれない。


【関連記事】
杉村太蔵氏 「私の魅力は電話したらすぐ来そうなところ」
杉村太蔵 キャバ嬢娘に悩む母に「オーディション受けさせろ」
杉村太蔵 「丸刈り謝罪は安易な手段。社会では通用しない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP