ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

61年間行商続ける女性「待ってる人いるからやめらんねえ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京銀座には、“おばちゃん”と呼ばれて親しまれている有名人がいる。61年にもわたって行商を続けている石山文子さん(84才)だ。石山さんは毎日、茨城県から1時間半、電車を乗り継ぎ、銀座の街へとやってきては、地元農家でとれた野菜や地元鮮魚店の鮮魚を売っている。

 地下鉄は、朝の7時4分に東銀座駅着。取材した7月2日は快晴で、気温が朝から20℃を超えていた。石山さんは、首にかけた手ぬぐいで汗をぬぐいながら、シートに野菜の陳列を始めた。ここでもなじみの女性が手伝ってくれていた。

 この日の商品は、採れたて野菜の他に、アジ(3尾600円)、まんじゅう(6個500円)、嫁が漬けたきゅうり(250円)が並んだ。7時10分に営業開始。石山さんはパイプ椅子に座って接客をする。

「工事現場の人が用意してくれてるんだ。おれ、足がいてえから、心配してくれて」(石山さん)

 開店を待っていたかのように、レストラン経営の男性が自転車でやって来た。10年来の常連客で自宅用の食材を購入している。石山さんが笑顔で迎える。

「おはよう。今日はね、トマトがおいしいよ」
「じゃー、それちょうだい。おばちゃん、おいしそうなの選んでよ」
「ハハハ、どっこいしょ」

 椅子から立ち上がり、少し大きめのトマトを袋に入れていく。

「あと、アジもおいしいから買っていってよ」
「(笑い)わかった」

 会計は1200円。男性は「ちょっと細かいけど」と言って、千円札と五十円玉4枚を渡す。

「あー、ちょうど五十円玉欲しかったの。いつもありがとね」

 ばあちゃんの元には、いろいろな客が訪れる。サラリーマンやOL、銀座に住む主婦、時には外国人観光客も。とび職風の大柄な若者は、黙って600円を置いて、トマトを掴んでいった。

「一度もしゃべったことないけど、毎日来てくれるんだよ」(石山さん)

 午前8時を過ぎると、通勤途中の会社員が忙しそうに行き交う。車の通行量も多くなった。そんな風景のなか、石山さんは手ぬぐいで汗をぬぐっては、ときたま顔見知りが通ると、あいさつをして客を待つ。

 開店から2時間後の9時10分、商品は完売した。石山さんは、また1時間半かけて、家まで戻る。車内では疲れて寝てしまうことが多い。いつまで続けるのだろうか。

「やめらんねえよ。おれをこうやって待ってくれる人がいるからね。1日でも休むと、“おばちゃん、どしたの? 大丈夫?”って言われちゃうから」

 石山さんが行商を始めた当初バラックばかりだった街並みは、1964年の東京五輪を境に近代化が始まった。1967年には銀座通りを走っていた都電が廃止され、ビルが次々と建ち、東京でいちばんのネオン街に変わっていった。

「今は高いビルばっかり建っているけど、どんどん人がいなくなってる気がするね。少し前までは、近くに麻雀屋さんがあって、朝に徹夜明けの人がよく買いに来てくれたよ」(石山さん)

 そう言って、地下鉄の改札に向かっていった。数歩進んで振り返る。

「だけど、人情は60年、変わんねえ」

※女性セブン2014年7月24日号

【関連記事】
茨城から銀座へ行商 84才おばあちゃんの一日の売上は2万円
久しぶりに会ったYURI 僕にとびっきりの笑顔を見せてくれた
鉄人・道場六三郎の弟子・イケメン料理長に会える銀座の店

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP