ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

処方箋発行時の手間をアプリが代行!スムーズに薬が受け取れる新サービス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

病院へ行った際、一番のネックとなるのが処方箋の受け取り。薬ができあがるまで、薬局の椅子でひたすら待ち続けるのが、これまでの常識だった。

もっとスムーズにしてほしい、というのは誰でも願うところだ。そんな要望に応えるべく、満を持して発表されたサービスが、パナソニック ヘルスケアの「ヘルスケア手帳」である。

通常、調剤薬局で薬を頼む場合、薬局に行って処方箋を渡し、服用履歴やアレルギー歴、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の利用意向などを伝える。

その後、薬を受け取るまで薬局で待つというのが一連の流れだが、それが利用頻度の高い高齢者や小さな子ども連れの患者にとって、大きなストレスとなっている。

本サービスでは、そうした一連の流れを、一括で実行。処方箋発行に必要な撮影、送付から、受付、調剤完了の確認まで、すべての作業を、無料のスマートフォンアプリが引き受けてくれる。

患者が薬局へ出向くのは、調剤完了時のみ。ロビーで憂鬱な時を過ごす必要はない。「ヘルスケア手帳」によって、ストレスの軽減と、時間の有効利用が可能となる。

喜ぶのは患者だけではない。薬局はこのサービスを導入することで、離れた医療機関からの新規処方箋獲得など、事業の可能性が広がるうえ、営業時間外の処方箋受信により、薬剤師の業務ピークシフトができる。

また、FAXやメール受付ではできない、服用履歴などの確認も、Webブラウザで事前にできるため、確実な調剤業務が行える。

本サービスは、薬局側にとっても、大きなメリットとなるのだ。

「ヘルスケア手帳」導入にあたって、パナソニック ヘルスケアでは昨年度、総合メディカルの一部の店舗で、実証実験を実施。本年度中に、同社の約500店舗(グループ会社含む)へ導入。他薬局への拡大も、進めていくという。

Apple Storeからのダウンロード
Google Playからのダウンロード

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP