ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食欲減退時にも…。ビールのおつまみにもなりそうな「ご飯のとも」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

連日の暑さで胃もお疲れモード。何となく食欲もないし、調理するのも面倒…。そんなときにとっても重宝するのが、「ご飯のおとも」の数々。ご飯とこれさえあれば一食しのげてしまうし、お酒のおつまみにもなるものも。そこで今日は、編集部オススメの「ビールにもあいそうなご飯のとも」をいくつかご紹介。冷蔵庫に常備しておけば、まさに一石二鳥?!

1.「ご飯がススム おかずのり うましお味」
まずご紹介するのが、刻みのりをご飯に良く合う味付けの調味液で和えたこの商品。香ばしくごま油をきかせた、旨みたっぷりのうましお味で、ねぎとたけのこのシャキシャキ食感がアクセントになっている。ご飯だけでなく、豆腐にのせたり野菜とあえたり、おつまみにしたり、とまさに全方位型のお助け食品。ほかに梅かつお味も。ピックルスコーポレーションより販売中。(http://www.e-pickles.jp/)

2.「いなばのタイカレー」
次は、発売以来「あけてそのまま本格的なタイカレーが食べられる」と大ヒット商品となったカレー缶詰をチェック。メイン具材にはツナとチキンを使用。辛さは日本人向けに抑えつつ、タイの契約農家で厳しく管理栽培されている唐辛子・レモングラス・こぶみかんの葉など、タイ料理独特のハーブを生のまま缶に詰めた本格的な味わい。なのに、価格は驚きの100円台。暑い日は、自宅のベランダで手軽にタイの屋台を再現してみては?!(http://www.inaba-foods.jp/)

3.「鰹節屋のちょっと贅沢なおかか山椒」
最後は、ヤマキより、8月25日発売予定の新商品を一足早くご紹介。独自のうま味の強い「氷温熟成法かつお節」を使用し、白神山地の麓で自生している「実山椒」を手摘みで収穫し加えた、贅沢なふりかけタイプのおかか。かつお節のうま味とピリっとさわやかな山椒の風味が食欲をそそること間違いなし。待ちきれない人は、好評発売中の「鰹節屋のちょっと贅沢なおかか」をどうぞ。どちらも鰹節屋のヤマキだからこそ実現できた、「素材にとことんこだわったおかか」になっている。(http://www.yamaki.co.jp/)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。