ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シナロケとタワレコがW35周年でスペシャルコラボ発表、ニューアルバムティザーも公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6年ぶり、通算18枚目のオリジナルアルバム「ROKKET RIDE(ロケット ライド)」の発売を7月23日に控えたシーナ&ロケッツが、収録曲「ROKKET RIDE」をフューチャーしたアルバムのティザー映像を公開した。

同曲は、“君をロケットで迎えにいき連れてってあげるよ”という、英詞による究極のラブソングで、宇宙の愛のメッセージが込められている。ティザー映像には、笑顔であふれハッピーな雰囲気に包まれながらも、大胆かつ繊細に一発録音をしている、

また、シーナ&ロケッツと同じく35周年を迎えるタワーレコードとのスペシャルコラボレーションも決定した。

シーナ&ロケッツは、9月13日に21年ぶりの日比谷野外音楽堂のワンマンライブを開催するが、翌日14日にタワーレコードで展開されるキャンペーンのフォーカスとして、渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」にてアフタートークパーティーの開催が決定。ニューアルバム「ROKKET RIDE」購入者に先着で入場予備券が配布され、パーティー当日の15:00から先着で入場券に引き換えることができる。

くわえて「太陽のバカンス/電撃BOP」の7インチシングルがタワーレコード限定で発売決定。A面にはニューアルバム「ROKKET RIDE」から「太陽のバカンス」、B面には「電撃BOP」が収録される。発売日は8月20日で、売り切れ必至なこの作品は、7月16日より各店頭・オンラインショップにて予約受付を開始する。

他にも、タワーレコードのオリジナル特典が決定。注目は、ニューアルバムだけでなく、同時発売になる鮎川誠のソロ作品BOX「AYUKAWA SIZE」購入者特典だ。同作の購入者には、CD「LONDON SESSION ALTERNATE TAKES / MAKOTO AYUKAWA with WILKO JOHNSON BAND」を先着でもれなくプレゼント。

BOXに収録され、ウィルコジョンソンバンドとの熱いセッションを記録した「LONDON SESSION#1/#2」(1993年リリース)とは別テイク、門外不出の3曲「CATFISH」「Sittin’ On My Sofa」「DoBuNeZuMi」を聴くことができる。ボードミックスながら、抜群のクオリティーで、OKテイクと甲乙付け難い激レア音源だ。音源前後に記録されている、鮎川誠とウィルコジョンソンバンドの会話が聴けるなど、臨場感抜群の特典も先着特典となっている。

シーナ&ロケッツ – 『ROKKET RIDE』ティザー映像

関連リンク

シーナ&ロケッツ オフィシャル・サイトhttp://rokkets.com/
シーナ Facebookhttp://www.facebook.com/sheenarokket
鮎川誠 Facebookhttp://www.facebook.com/ayukawamakoto

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP