ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「死ね」「ゴキブリ」呼ばわり!?荒れる政治家ツイートに「なんで議員なれたんだ?」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、号泣会見騒動から突然の辞任劇へと繋がった野々村竜太郎兵庫県議に続き、今度は金子洋(52)中野区議(東京/共産党)がtwitter上で”未成年”を自称する一般ユーザーと口論になり、「おまえこそ人間の屑だ。死ね!」「何の罪もない民間人を殺す前に、お前が死ね!」などと暴言ツイートを展開したことで非難が殺到。7月14日に辞職届を提出した。

また、7月12日には、民主党・有田芳生(62)議員が、自らに批判的なツイートをするユーザーたちを「ネットでわき寄ってくるゴキブリもどきは放し飼いを基本としている。」などとし、あたかも「ゴキブリ」であるかのように受け取られるツイートをしたことで批判の嵐。こうした度重なる政治家の荒れたツイートに対し、ネット上では、「なんで議員なれたんだ?」「品性を疑う」「野放しにしている党も国民もどうかしてる」と、厳しい批判が相次いでいる。

古今東西、こうした失言・暴言が引き起こす「舌禍事件」により、その職を失う政治家は数知れず。ましてや現在のようなネット社会においては、その事実を後から隠そうとしても、難しい。彼らにはその余りあるエネルギーを、是非とも本業のほうへと注ぎ込んで頂きたいものである。

文・猪俣進次郎

【参照リンク】
https://twitter.com/okada014/status/489184650271526912

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP