ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

聖地巡礼ビジネスの果てに・・・鯖江市の迷走ぶりがアニメファンの間で話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近では地方の小都市を舞台とした作品が増えたこともあってか、いわゆる「聖地巡礼商法」と呼ばれる、地元商工業者や行政とのタイアップがしばしば話題となるが、そんななか、現在話題となっているのが、福井県鯖江市の「迷走」ぶりだ。

もともと鯖江市はテレビアニメ『メガネブ!』による町おこしを計画。しかし事前の予想とは裏腹に、それほどの経済効果を生み出せないとわかるや、今度は『電脳コイル』に白羽の矢を立てた。しかし、この”乗り換え”に、コアなアニメファン層から批判が噴出。結果として裏目に出た形となった。

その後、迷走を続ける同市は、「町おこしのため」に、なぜか『JK課』なる部署(非正規・仮想的な課名を模したプロジェクト名)を設立。同市によると、”「ゆるい市民」の地元JK(女子高生)たちが主役”だというこの課は、アプリ開発や商品企画、さらにはネット放送局などの開設と展開を想定しているというが、このあまりに二転三転する同市の迷走ぶりに、

「節操なさすぎwww」
「悲惨wwwあまりに悲惨www」
「少しは埼玉を見習えよ」
「聖地あれば儲かるって発想自体が」
「巡礼ビジネスは、首都圏から気軽に行けるところが重要」

…と、ネット上でも厳しい指摘が。果たして、アニメからJK路線へと三度の乗換を行った同市のこの迷走、一体いつまで続くのだろうか…気になるところである。

文・久保田太陽

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP