ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コンプレックスはチャームポイント? スタイルは見せかた次第

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大人の男性の立場から、さまざまな経験を元にユニークなアドバイスを与えてくれる「おっさんレンタル」で活躍中の西本さん。直接会って話せることから、いま20代女性がこぞって恋愛相談に訪れています。

コンプレックスは隠すもの?

「二の腕がモモンガみたいで恥ずかしい…。暑くても腕を出せないんです」(Mさん/通販会社オペレーター32歳)

二の腕コンプレックス

Mさん:二の腕が太いので、暑くてもノースリーブや半袖が着れないんです…。

おっさん:そんなに太くないやん? 大阪のおばちゃんなんかもっとすごいで。肩から足でてるでって突っ込みたくなるくらいや。

Mさん:全然慰めになってませんよ! (二の腕をつかみながら)ほら、モモンガみたいでしょ?

おっさん:モモンガ、かわいいやん! コンプレックスいうのは、案外ほかの人から見たらチャームポイントだったりすんねんで?

Mさん:そうだとしても、自信がないんです…。

目線をほかのところにもっていく

おっさん:じゃあ、おっさんからスタイリストに変身! まず、スタイリングの基本は相手の目線をどこに向けさせるかなんや。若い子の肩かけなんていい例やで。パステルカラーとか、赤とか、ボーダーのセーターなんか、かわいいし目線がそっちにいっちゃうやろ?

Mさん:確かにそうですね!

おっさん:流行の白Tシャツに肩かけで赤セーターなら、二の腕に視線がいかないから全然気にならないで!

Mさん:なるほど〜。でも肩かけセーターは世代がちょっと若くて気が引けちゃいます。

おっさん:ほんなら帽子とか大振りのピアスとかがいいで。存在感のあるものなら目線がいくから、誰も二の腕のことなんか気に留めんよ。

Foot image via Shutterstock

■ あわせて読みたい
ドライブデートで、彼の心をわしづかみにするコツ
夏のふたり旅で、彼の心をギュッとつかむ方法
恋愛圏外の男性からアプローチ…上手な断りかたって?
夏のお手入れで気をつかうべきなのは、腕や脚より「背中」みたい
男性が一瞬で幻滅する、初デートでの3つの行動
結婚を意識したら、確認しておいたほうがいい4つのこと
男性を成長させるための3ステップ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP