ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

33歳で貯金ゼロの男が激白! あだ名はペプシネックス

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

バブル崩壊時代よりも悲惨な状況といえる、2008~2009年の不景気状況。欧米のみならず、世界恐慌の影響は地球上全体に及んでいる。日本でも派遣社員が契約切れとともにホームレス状態になるなど、深刻な不況状態が続いている。

そんな状況なのだから、33歳で貯金がゼロという男がいてもおかしくない。M氏は、IT企業の正社員でありながら昨年末から給料が支払われなくなり、苦境の状態で年末年始を過ごしてきたという。そう、彼こそが33歳で貯金ゼロの男なのである。しかし、貯金がゼロでも家があればまだマシなほうである。M氏は貯金も家もなく、妹夫婦の家に転がり込み、居候状態なのだとか。

貯金もゼロ、無職なので給料もゼロ、気力も衰えてゼロ。そんな彼を、知人たちはペプシネックスと呼ぶという。「たまに、ネックスとかペプシとか言われますね。別に悪い意味じゃないのでいいんですけど(笑)。本当のペプシネックスはカロリーゼロでも美味しいですから、僕も貯金はゼロでも人としての自覚だけは持って、立派に生きていきたいです」と語る。

今後のM氏は、田舎に帰ってパン工場で働くという。ベルトコンベアーで流れてくるパンが裏返っていたら、ちゃんとオモテに直すという単純作業だそうだ。都会で疲れた肉体を、田舎の澄んだ空気と環境で癒やしてほしい。貯金はなくとも、寝床と仕事があるだけマシである(このニュースの元記事はこちら)。
 
 
このニュースを配信しているのは?
ニュース『未来検索ガジェット通信』公式サイト

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。