ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

脚本家のギャラ 30分ドラマで19万円前後が最低レベル額

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドラマや映画で演出家・監督と同様に重要なのが、脚本家。脚本とは、台詞とト書き(いつ、どこで、誰が何をしているかを書いた部分)で構成された、ドラマや映画の設計図。それを作成するのが“脚本家”という職業だ。

「現在3000人以上はいるでしょう。でも脚本家として活躍できるのはごく一部の人だけです」と、日本シナリオ作家協会の理事・事務局長の金寿美さんは話す。

「30分のテレビドラマの最低料金は19万円前後です。もちろん、実力が認められればもっと高い金額になっていきます」(金さん)

 では、どうすれば脚本家になれるのか?

「養成講座でプロに学び、コンクールに入選してデビューする…これが近道のひとつです。創造力と想像力があれば、誰でも脚本を書くことにチャレンジできますよ」(金さん)

※女性セブン2014年7月24日号

【関連記事】
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし
織田裕二 「踊る大捜査線」で2次・3次収入得て生活に困らず
ドラマ『アンフェア』原作者 脚本を書かなかった理由を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP