ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子アナ「言いまつがい」 膳場貴子、青山祐子、竹内由恵ら

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「言いまつがい」とはコピーライター・糸井重里氏による造語だが、超難関の就職試験をパスした、言葉のプロであるはずの女子アナたちが間違えること、間違えること。彼女たちの「伝説の赤っ恥」を振り返ってみよう。

「本来、終身刑のローマ法王が……」──カトリックの精神的指導者が「終身刑」? TBS系「NEWS23X」で膳場貴子アナウンサーが述べた一言に、見ていた人は思わず身を乗り出したに違いない。

 ローマ法王ベネディクト16世が高齢を理由に退位するニュース(2013年2月11日)で、存命中の退位が異例であることを伝える際、「終身制」と言うべきところを「終身刑」と誤読してしまった。すぐに言い直して続けたが、時すでに遅し。番組を見ていた視聴者がツイッターでつぶやき拡散した。

 女子アナの信じられない「言いまつがい」はまだまだある。

【漢字読みまつがい】
●天はニモツを与えた
 TBSの高畑百合子アナが『みのもんたの朝ズバッ!』でテニスのシャラポワ選手について「凄いですね。天はニモツを与えたんですね」と発言。みのに「二物(にぶつ)だよ」と突っ込まれた。

●セキマキ
 NHK『ニュースウオッチ9』の青山祐子アナ(当時)は「ヒットチャートをセキマキする……」と読んだ。大越健介キャスターから「席巻(せっけん)ですから」と指摘されてようやく気付いた。

●トホウです
 戦後日本の名スイマー・古橋広之進氏死去の「訃報(ふほう)」を大真面目な顔でトホウと誤読したのは当時入社2年目のテレ朝・竹内由恵アナ。

【女子アナは下ネタがお好き?】
●ダンコンの世代
 女子アナ「言いまつがい」の鉄板ネタ。もちろん「団塊(だんかい)の世代」の誤読だが、複数の女子アナが言ったとされる。

●ホワイトセックス/レッドセックス
 元NHKの久保純子アナは米メジャーリーグの「ホワイトソックス」を、フジの佐々木恭子アナは「レッドソックス」をそれぞれ読み間違え。何を考えて原稿を読んでいたのか……。

※SAPIO2014年8月号

【関連記事】
粒ぞろいの女子アナ達の中でも美しさ目立つ日テレ徳島えりか
女子アナ採用更に狭き門に 正社員採用よりフリーに頼る風潮
テレ朝新人久冨アナ 次に報ステ・古舘伊知郎の隣に座ると噂

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。