ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

90才料理研究家宅に100年伝わる「さらさらカレー」の作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK『きょうの料理』などで知られる料理研究家で「ばぁば」こと鈴木登紀子さん(90才)。このたび、新刊『ばぁばの料理 最終講義』を上梓する。そんな鈴木さんが、「じぃじ」こと夫・清佐さん(きよすけ・享年92・2009年逝去)が好きだったという「さらさらライスカレー」の作り方を教えてくれた。

 このカレーはばぁばの母・お千代さんの自慢メニューで鈴木家に100年伝わる伝統の“おふくろご飯”だ。

材料/作り方(4人分)
【1】豚バラ肉300gは食べよく切る。【2】じゃがいも3個、にんじん1本、玉ねぎ2個は皮をむき、7~8mm角に切る。じゃがいもとにんじんは水に放し、ざるに上げて水気を切る。【3】鍋に【2】を入れ、水5カップを張る。ローリエを加えて強火にかける。煮立ったら豚バラ肉とカレー粉大さじ1を入れ、中弱火にしてアクを引きながら野菜がやわからくなるまで煮る。

【4】水溶き小麦粉大さじ4を少しずつ加え、木ベラでよく混ぜる。塩小さじ3、砂糖大さじ1/2、酢・しょうゆ・ウースターソース・トマトケチャップ各大さじ1、こしょう少量を入れ、さらにカレー粉大さじ3を入れ、味を見ながら調味する。【5】皿にご飯を盛って【4】をたっぷりかけ、福神漬、らっきょう、プチトマト適量を添える。

※女性セブン2014年7月24日号

【関連記事】
89才料理研究家 ルーを使わない和風ライスカレーのレシピ紹介
ぎょうざには「醤油・酢・ラー油」だけではなくポン酢もGood
料理好き芸人・チュート福田「料理の教科書は『美味しんぼ』」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP