ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワークアウト時に思わず聴きたくなる曲とは? Spotifyがデータを分析してプレイリストを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

ワークアウト時に思わず聴きたくなる曲とは? Spotifyがデータを分析してプレイリストを公開

ワークアウトをする時に最も聴かれている曲は一体何でしょうか?定額制音楽ストリーミングサービスSpotifyは、傘下の音楽メタデータ解析会社Echo Nestと音楽メディアBillboardと協力して、最もよく聴かれるアーティストや使われる音楽の特性など分析して、ワークアウトに最も適したプレイリストを構築しました。

Spotifyでは現在アクティブユーザー4000万人以上が作成した15億以上のプレイリストを蓄積しています。2000万曲以上の音楽カタログからリスナーが好きな時や気分に合わせて聴きたい曲をセレクトし、ミックステープのように曲を選曲できるのがSpotifyプレイリストのメリットです。さらにカセットやCD-Rのように時間制限が無いため、好きな曲をいくらでもセレクトしていくことができます。

SpotifyとEcho Nestでは、「running」や「cycling」、「weightlifting」「crossfit」「yoga」「the gym」「tae bo」のキーワードからSpotifyプレイリストを分析し、関連するトラックを抽出しリスト化しました。

データ分析の結果が下のSpotifyプレイリストです。最も人気があったアーティスト(Spotifyプレイリストの25曲に選出された回数)はエミネム、2位がSkrillex、3位がマックルモア&ライアン・ルイスという結果になりました。また、アヴィーチーの「Wake Me Up」、Skrillexの「Bangarang」、Swedish House Mafiaの「Greyhoud」、Skrillex, A$AP Rocky、Birdy Nam Namの「Wild for the Night」などEDMトラックが多く好まれる傾向にあることが分かりました。

SpotifyとBillboardでは、分析したデータをインフォグラフィックにまとめています。まずワークアウト時に人気ある音楽ジャンルは1位がヒップホップ/ラップ、2位がロック、3位がEDMでした。

またワークアウト別によって好みのジャンルが異なることも分かりました。このジャンルの分類は、曲のテンポや音の大きさ、エネルギーレベル、踊りやすさなど、楽曲の特性によって変わります。例えばトレーニングバイクをする人は、感情的なムードになる「EDM」や動きやすくしてくれる「ポップ」を聴く傾向が強く、またウェイトリフティングをする人は、機械的な音よりも人間が演奏する楽器や声が強い「オルタナティブ・ロック」や生音が強い「ロック」を聴く傾向があります。

■記事元http://jaykogami.com/2014/07/8325.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP