ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「臨時福祉給付金」&「子育て世帯臨時特例給付金」申請スタートにネット上も熱視線

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月からの増税に対するフォローとして、政府が給付することを決定した「臨時福祉給付金」「子育て世帯臨時特例給付金」の申請書が、先月下旬頃から発送され、それを受けて、本日7月15日から受付を開始した自治体も多い。しかし、自分がその対象者であることに気づいていない人々も多いせいか、情報をスルーしている人も多く、ネット上では「おまいらも申請しろ」「申請するだけで1万ゲットできるチャンスを逃すな!」「久々のゴールドラッシュに乗り遅れるなwww」と、同じような状況にある “同志”に対し、申請を促す声も上がっている。

なお、今回、支給されることが決まっている2種類の給付金のうち、特に話題となっているのは、主に貧困層に対して幅広く給付される「臨時福祉給付金」の方。この給付金については、対象となるのが「平成26年度分の住民税が課税されていない方」となっているため、たとえば、無職で収入がないなどの状況に陥っている人の多くは、申請書を提出することで、1万円を受け取ることができる(銀行振込)。

また、たとえ収入があるとしても、たとえば若い独身者の場合、年収が100万円(非課税限度額/給与収入ベース)であれば給付を受けられる可能性が高いため、不安定なアルバイト生活を送っている人なども、一度ちゃんと確認してみるとよいだろう。

また、もう1つの「子育て世帯臨時特例給付金」についても、”平成26年1月分の児童手当・特例給付を受給”し、”平成25年の所得が児童手当の所得制限限度額未満”であれば給付されるとのことなので、該当するママさんやパパさんは必見だ。

いずれにしかり、政府や行政の行う援助や給付金の類は、いつの時代も「知らないと損をする」という性質のものばかり。今回の給付金に限らず、不明な点はちゃんと窓口で質問し、また、場合によってはネットで調べ、適切に利用することをお勧めしたい。

文・鈴木將義

【参照リンク】
・臨時福祉給付金 – 厚生労働省
http://www.2kyufu.jp/rinji/ 
・子育て世帯臨時特例給付金 – 厚生労働省
http://www.2kyufu.jp/kosodate/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP