体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カントリー界のスーパースターGarth Brooks(ガース・ブルックス)、遂にデジタルで楽曲配信解禁

カントリー界のスーパースターGarth Brooks(ガース・ブルックス)、遂にデジタルで楽曲配信解禁

posted by Jay Kogami

カントリー界のスーパースター、ガース・ブルックスがようやくデジタルで楽曲配信を解禁

アルバム売上総数1億3400万枚を誇る、カントリーミュージックのスーパースター、ガース・ブルックス (Garth Brooks)が、これまで拒否していたオンラインでの音楽配信をようやく解禁しました。

解禁といってもiTunesやSpotify、Rdioなど定額制音楽ストリーミングサービスでの配信ではありません。ガース・ブルックスは、11月にリリース予定の新アルバムとバックカタログを公式サイトのみで解禁します。公式サイトは7月15日にローンチします。カタログのデジタル配信はガース・ブルックスにとっては初の試みです。

GarthBrooks.com

公式サイトでは数週間以内に、新アルバムのリリースまで過去の楽曲を徐々に解禁していきます。ダウンロードになるのか、ストリーミング配信になるのか、フォーマットは分かっていません。

活動休止期間を経て13年ぶりの新アルバムをリリースするガース・ブルックスは、AC/DC同様に長年に渡ってiTunesでも楽曲カタログ解禁していません。ガース・ブルックスは過去に、アップルに対して敵意は無いが、(アルバム単位ではなくシングルで売る)音楽の売り方には同意できないと発言しています。

デジタルでの配信に関しては、

「正しく使えば、アーティストにとって素晴らしい結果を生み出します。そしてソングライターにもよりよい結果をもたらしてくれます。」

と答えています。

ガース・ブルックスは楽曲カタログの権利を全て管理し、過去には自社レーベルを通じてウォールマートやターゲットなど大型チェーン店と独占販売契約を結ぶなど、小売店の販売網では存在感を高めてきました。

ガース・ブルックスはアルバムリリースに合わせて、3年間に渡るワールドツアーの開催を発表しました。

■記事元http://jaykogami.com/2014/07/8322.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。