体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[米国] Shazamで認識した曲をRdioでフル再生できるサービスを開始、まずはiOSから

[米国] Shazamで認識した曲をRdioでフル再生できるサービスを開始、まずはiOSから

シャザム(Shazam)という音楽情報検索アプリ。スマートフォンをTVやラジオやファーストフード店で流れている音楽にかざすとアーティスト名や曲名がわかる。そのシャザムが定額制音楽ストリーミング・サービスのRdioと組んで、識別出来た曲をフルで聴けるサービスを始める。音楽業界誌ビルボードが独占で伝えた。

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

Rdioはスポティファイ同様、定額制音楽ストリーミング・サービス。タダで聴きたければCMが入るサービスと、CMがイヤなら毎月定額9.99ドルを払うサービスがある。昨年(2013年)アメリカの芸能誌エンターテイメント・ウィークリーの評価は、定額制の音楽ストリーミング・サービスで、スポティファイを抜いて1位だった。

今回まずシャザムはiOSを用意。アンドロイド向けも近々発表するという。音楽は国毎に権利者が異なるケースがあり、シャザムがパートナーを組む定額制音楽ストリーミング・サービス会社も異なる。最近イギリスでシャザムはDeezerというストリーミング・サービス会社とパートナーを組んだ。いずれにせよシャザムのユーザーは定額でお金を払う気は無い。Rdioのタダ会員になって、検索出来た曲だけを聴く。Rdioはインターネット電話のスカイプを開発したニクラスとヤヌスによって2010年に創業された。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。