ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『弱虫ペダル』東堂尽八、全高約250mmの大ボリュームで立体化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 株式会社トムス・エンタテインメントは7月15日、ユニオンクリエイティブ株式会社が展開しているフィギュアシリーズ『mensHdge』とのコラボモデル、『mensHdge TMS LIMITED series No.1 弱虫ペダル 東堂尽八』を今秋10月に発売すると発表した。
発売に先立ち、7月18日10時から、全国取扱い店舗及び各種通販サイトにて、予約受付が開始される。

【関連:舞台『弱虫ペダル』出演キャスト続報!鳴子・金城・水田の参戦が決定】



 本商品は、10月からのテレビアニメ第2期放送も決定している『弱虫ペダル』の箱根学園のエースクライマー“山神”東堂尽八を『mensHdge』シリーズのコンセプトにあわせ大胆にアレンジ。全高約250mmの大ボリュームで立体化したもの。
キャラクターの個性的な表情やディテールは、原作者・渡辺航氏監修のもと、原型師の高松正慎氏が忠実に再現。
中でも『TMS LIMITED series』は筋肉の流れや動きを重視し、その形状再現にこだわった仕様になっている。

 なお、トムス公式通販サイト『トムスショップ』ではキャラクターの別の表情を再現した『TMS ver.』の予約も受け付ける。髪をかきあげながら高らかに笑う、個性的な表情を再現した限定版になっている。価格は通常版、『TMS ver.』ともに8,800円(税抜)。



 今後は、今後、『mensHdge TMS LIMITED series』で、同作品の箱根学園3年生スプリンター『新開隼人』、1年生クライマー『真波山岳』のリリースも予定。詳細については追って公式サイト他で発表される。

(c) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP