ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昨夏甲子園出場時の弘前学院聖愛 5投手駆使して強豪を翻弄

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、“夏の甲子園”の予選が全国で行なわれている。高校野球の大きな魅力といえば、弱小校による下克上や、強豪校のまさかの敗戦などの「大番狂わせ」。青森県で起きた番狂わせを紹介しよう。

 青森県といえば、青森山田と光星学院(現八戸学院光星)が「2強」として知られるが、昨年夏に大番狂わせが起こった。準々決勝で光星学院を、準決勝で青森山田を倒して、創部13年目の弘前学院聖愛が甲子園初出場を果たしたのだ。創部当時は部員は女子部員も含めて10人。野球経験者は5人しかいなかったというが、弘前工出身の原田一範監督がイチからチームを作り上げた。

 部員は全員が青森県内の出身。5人のタイプの違う投手を駆使し、強豪を翻弄した。甲子園でもベスト16の大健闘。相手チームのスタンド、バックネット側の観客、自分たちの応援団、計3回の礼をする姿も「美しすぎる挨拶」として話題になった。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
北海道屈指の進学校・札幌南 甲子園出場時の地元の熱狂回顧
飲酒問題の光星学院に地元民「大阪でのこと。青森関係ない」
センバツ出場の水城高 出場祝いの水をすべて避難所に差し入れ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。