ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子供の夏休み 家事時間確保などにビデオオンデマンド活用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ始まる子供たちの夏休み。長い休みにはしゃぐ子供たちとは対照的に、主婦にとっては子供たちが家ですごすことで、家事などの時間が確保できないのは悩みのひとつでもある。

 そこでさまざまなシーンで役立ちそうなのが、ビデオオンデマンド(VOD)の活用。昨今は多くのサービスがあり、利用者のニーズに応えるコンテンツの拡充も、各社工夫を凝らしている。今回は「子供たちが夏休み中、忙しくなるお母さんをサポートしてくれそうなコンテンツ」をシーン別にピックアップ。ケーブルテレビ大手、J:COMのVODコンテンツやCSで放送中の番組がリアルタイムで楽しめる「Xvie(クロスヴィ)」対応作品を例に紹介する。

 まず、おとなしくしておいて欲しいとはいえ、“観たいものを観たいだけ”という形になるのは、避けておきたいところ。そこで、暑い日中に自宅で家事を片付けたい時には映画などの長めの作品、お出かけの移動時間には、「続きは、また後でね」といったメリハリをつけやすい短めの作品と、状況によって予め見せるタイプを分けるのがオススメ。

 具体的な作品としては、7月9日から今年記録的ヒットとなった『アナと雪の女王』がJ:COMのVODにいち早く登場しているので、長めの作品としてオススメだ。また放送中の番組が、スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスでも観られるサービスに、ディズニー・チャンネルが加わり、女の子だったら大好きなお姫さまストーリー『ちいさなプリンセス ソフィア』や、大人も楽しめると評判の『フィニアスとファーブ』なども視聴できる。親が子供と一緒に楽しめるほか、家族が別の番組視聴などでTVを使っている時でも、子供は好きなディズニーコンテンツをスマートデバイスで観られるため、チャンネル争いといったストレスからも解放されるだろう。

 ディズニーコンテンツ以外では、大人気の「妖怪ウォッチ」もラインナップされており、帰省先や外出先などで子供が観たい番組がないケースにも使える。また、一度ハマっても、何度か観ると飽きてしまう子供たちの場合、DVDを購入するより割安だし、「これはDVDを買うほどでもなかったか」といった経験がある人にも、手軽に使えそうだ。

 J:COMではVODの番組をTVで課金視聴した場合、一定期間ならスマートデバイスなどで続きを観たり、繰り返し観るのに改めて課金されることはない。また、スマートデバイス向けのサービスはJ:COMが対応していないエリアでも、通信環境さえあれば利用できるので、“帰省の移動中に、子供が飽きてしまった”というシーンにも助かる。

 こうしたVODコンテンツは有料のものだけではない。例えば、小さいお子さんの知育コンテンツ「右脳イメージトレーニング」シリーズは、人気の高い無料コンテンツのひとつ。また1人きりなら、適当にすませることができる昼ごはんも、子供たちがいると負担の増えるポイントだが、「料理の基本 ザ・ワールド」ほかレシピコンテンツも無料。Xvie対応コンテンツなら、スマートデバイスを使って台所で観ながら作れ、慣れないメニューでも失敗しにくいので、子供と一緒に“新メニューにチャレンジ!”というのも、夏休みに適した使い方だろう。

 基本的にはTVやスマートデバイスに頼らず、夏休み中でも子供たちに規則正しい生活をさせ、ちゃんと宿題や勉強をするように、親としてサポートしたいところ。とはいえ、他にやらなきゃいけないこともあれば、子供のことだけで1日をすごすわけにもいかないだろう。いざという時のために、使えるツールをあれこれ用意して“心の余裕”を作っておくことも、長い夏休みを乗り切るために必要な準備といえそうだ。


【関連記事】
「アンドロイド」端末向けコンテンツに強い企業は株価も好調
「美人○○」が“ブスコンテンツ”と化しても人気を博す理由
60代母の悩み「40才次男が独身」「子が経済的自立してない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP