体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フォルダで名作を読破? 真面目にサボれる「文学フォルダ」登場

フォルダで名作を読破? 真面目にサボれる「文学フォルダ」登場

「文学フォルダ」Webサイトより
パソコンでファイルを探しているふりをしながら、こっそり文学を読むことができるという「文学フォルダ」が発明されました。

これは、文学作品の文字をセンテンスごとに切り出し、フォルダ名にして並べることで読み進める、何とも斬新な文学の楽しみ方です。

早速やってみた

20の文学フォルダを公開中。自作方法も公開

文学フォルダのWebサイトでは、『こころ』をはじめとした以下20作品がダウンロードできます。

こころ / ごん狐 / ヘンゼルとグレーテル / 人間失格 / 地獄変 / 堕落論 / 学問のすすめ / 山月記 / 桃太郎 / 注文の多い料理店 / 羅生門 / 美少女 / 舞姫 / 蜘蛛の糸 / 蟹工船 / 走れメロス / 雨ニモマケズ / 雪の女王 / 風立ちぬ / 高瀬舟

もし「この中に読みたい作品がない」という方は、開発者向けのWebサービス・GitHubにて、文学フォルダのつくりかたが公開されているので、参考にしてみては?

PCでお楽しみください!

ちなみに「文学フォルダ」は、パソコンでの閲覧のみに対応しています。

スマートフォンからでもWebサイトへアクセスできますが、いざ開こうとすると……

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。