ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MediaTekプロセッサを搭載した今よりもさらに安いChromebookが現実のものとなりつつある

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

現行のChromebookはIntelやSamsungのプロセッサを搭載したものが主流なのですが、今後は台湾MediaTekのプロセッサを搭載できるようになりそうです。これは、Chromium OS(Chrome OSのオープンソース版)のリポジトリに“Moose”と呼ばれるARM Cortex-A7ベースのチップを試験的にサポートするコードがMediaTekによって追加されたことによるものです。グーグラーのFrançois Beaufort氏が伝えていました。“Moose”はCortex-A7×4のタブレット向けクアッドコアプロセッサ「MT8127」のことです。MT8127は”スーパーミドルクラス”のタブレットをメインターゲットにした28mnプロセスのプロセッサで、CPUクロック数は最大1.5GHz。GPUはARM Mali-450 MP4(4コア)を内蔵。フルHDディスプレイ、MiraVision、Miracast、NFC、Wi-Fi/Bluetooth/GPS/FMのコンボチップなどを搭載しています。MediaTekのプロセッサは主に中国メーカーのスマートフォン・タブレットで採用さrているほか、グローバルメーカーのエントリーモデル・低価格モデルでも採用されています。チップ単価が他社に比べて安い点が売りとされているので、今後、MediaTekプロセッサを搭載したChromebookが発売されると、それは現行の製品よりも安くなる可能性があります。Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、SmartBand SWR10用のカラーバンド「SWR110」を国内のXperia Shopで発売
Paranoid Android 4.5 Alpha1がリリース、最近起動したアプリの履歴がAndroid “L”風に刷新
Samsungの“カードフォン”は厚さ6mmの超薄型設計? 4.7インチディスプレイを搭載しているとも伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。