ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トップの外部招へい、成功のポイントは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

社外からの人材登用のメリットは「しがらみ」に縛られないこと

サントリーホールディングスの次期社長に新浪剛史氏が抜擢されたニュースを見て、驚いた人も多かったのではないでしょうか。これまでにも企業体質の変革のために、外部からトップを招聘されることがしばしばありました。IBMのルイス・ガースナー氏や日産のカルロス・ゴーン氏、近いところではJALの稲盛和夫氏が社外からトップとして抜擢され、企業変革を成功に導きました。

社外からの人材登用の最大のメリットは、組織内にある諸々の「しがらみ」に縛られることなく経営できる点です。企業変革の成功例を見ていても、経営の基本に逆らうような奇抜な手法が用いられることはなく、基本に忠実な「王道」であることがほとんどです。要は、それを「断行」できるかということが問題なのですが、内部の人間では様々な人間関係や利害関係などが複雑に絡まり、なかなか実行できないということがあります。

理念やビジョン、価値観を確認し、人間性を見て登用することが必要

ただし、成功例ばかりではありません。ヒューレット・パッカードのカーリー・フィオリーナ氏のように、失敗に終わったケースも少なくありません。また、中小企業においては、大手企業出身者を部署の責任者として登用するケースもありますが、私の知る限りでは、成功例より失敗例の方が多い印象を受けています。ただ単に社外から人材を登用すれば変革が進むという、単純なものではありません。やはり、押さえておくべきポイントがあります。

最初のポイントは、社外から来た人材が打ち出す企業変革の方向性と、これまでに組織が大切にしてきた価値観(理念やビジョン)が合致しているという点です。東京都の局員から「はとバス」の経営者に抜擢され、瀕死の状態だった同社を再生させたことで有名な宮端清次氏は、「お客様第一主義」という同社の原点に立ち返り、それを隅々まで徹底することで再生を果たしました。これは企業変革の方向性が、組織が大切にしてきた価値観と合致していたため、社員たちが納得し意識を変革することができたのです。

次に、社外から来た人材が、真摯に社員と向き合うということです。前述の宮端氏は、やむなく賃金カットする時に、社員から出る批判・非難の声から逃げることなく真正面から向き合うことで、社内の信頼を得ました。企業変革には反発が付き物です。そんな時にこそ、その人が持っている人間性が試されます。やはり、能力や経験だけではなく、その人材の理念やビジョン、基本的な価値観をじっくりと確認し、人間性を見て登用することが必要といえるでしょう。

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP