ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

親バカ女医 すねかじりの40才息子はパチンコ店では“王子”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 35才パート主婦が近所のおばあちゃん先生の自慢体験談を告白する。

 * * *
 幼い子を持つ親って、ほかの子より歩くのが遅かったり、しゃべるのが遅かったりするだけで不安になるんですよ。

 それなのに近所の小児科のおばあちゃん先生は、「あら、この年ならもうスキップできるわよ。うちの子はやってたわね~」とか「まだしゃべらないの? うちの子は同じ年のころは歌を歌ってたわ」なんて、さらりと自慢。

 オムツが外れたのも、文字の読み書きも、とにかく何でも早くて優秀だったと、ご自慢の息子も今や40才。

 診察室に顔を出しては、母親からお金をもらう一人前のギャンブラーよ。駅前のパチンコ店では『王子』と呼ばれているって。

※女性セブン2014年7月24日号

【関連記事】
4か国語が堪能自慢医師 患者に「アイシー」「あっは~ん」
犬好き女性 人間の子どもにもつい「お手」で激怒される
幼稚園発表会 「ウチの子は子役養成所に通ってる」で主役変更

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP