ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野々村氏 音痴扱いされ「アヴァヴァバヴァヴァー!」と反論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今や「日本一有名な(元)県議」となってしまった号泣会見の野々村竜太郎氏(47)。杜撰すぎる政務活動費の不正使用もさることながら、釈明会見での「ア゛ア゛アァーン! やっと議員になったんです! アッハーン!」と泣きわめく姿は強烈だったが、彼はどんなルーツの持ち主なのか。

 関西大法学部を卒業後、兵庫県川西市役所に採用され、2007年に退職。2008年から兵庫県内の太子町長選、西宮市長選など4度の落選の末、2011年4月に県議選に最下位で初当選。「表」の肩書きからは、彼の一風変わった個性は見えてこない。会見で注目を浴びたあの奇声のルーツは、彼の経歴をもう少しさかのぼらなければわからない。

 野々村氏は大阪市北区の出身で、府立北野高校に進学する。昨年度も京都大、大阪大にそれぞれ55人の合格者を出す府内屈指の名門である。中学校まで優秀で通っていた野々村氏も、優秀な学生が集うこの学校では成績振るわず、出席日数も足りなかったために留年。

 留年した学年の1学年下にはNHKの有働由美子アナ(45)が、2学年下には橋下徹・大阪市長(45)がいた。野々村氏が高3だった年は、この3人が同時に北野高校に通っていたことになる。

 野々村氏はコーラス部に所属。フランク永井や細川たかしなどをカラオケで熱唱する美声は、この頃に培われたようだ。部ではベース(低音)のパートリーダーを務めていたが、評判はサンザンだった。当時のコーラス部員がいう。

「あの人は留年で年上やからみんな“ののさん”って呼んでましたね。正直、パートリーダーっていっても音は外れてることが多かった。それを誰かに指摘されて“そんなことないわ! アヴァヴァバヴァヴァー!”と泣きながら反論したこともあった。

 あの人がコーラス部に入ったのは女子が多かったからやろな。ある女子はののさんのアタックが激しすぎて“もうイヤや”って辞めてしまったし、2年になっても新1年の女子2~3人に言い寄ってた。高校を卒業してからも“後輩の練習を見に来る”ってやってきてはアタックしてたらしい。選挙と一緒でめげないんです(笑い)。女子の中では“ののさんには気をつけろ”いうんが合言葉やった」

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
野々村県議 生花店に「なんで俺に聞くんだよおおお」と激高
号泣県議・野々村氏 宇宙エネルギーでダイエット成功の証言
野々村県議 県公益財団のお見合いサービス活用し交際に発展

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。