ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MediaTekのオクタコアプロセッサを搭載した音声通話機能付き10.1インチタブレット「Ramos K100」が発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー Ramos青魔がMediaTekのオクタコアプロセッサを搭載10.1インチAndroidタブレット「Ramos K100」を発表しました。Ramos K100は、10.1インチ1,920×1,200ピクセルのディスプレイやMediaTek MT6592 1.7GHzオクタコアプロセッサを搭載した機種で、なんと、音声通話機能も付いています。モデム入りのSoCを採用したので通話にも対応させたのでしょう。Ramos K100は3G HSPA+のデータ通信にも対応しています。価格はまだ公開されていないらしいのですが、今月末に発売される見込みとのことです。このほか、2GB RAMや7,500mAhバッテリーを搭載していることも伝えられています。スペック的にはハイエンドな中華フォンレベルです。Source : 平板盒子


(juggly.cn)記事関連リンク
「iPhone6」を名乗るAndroidスマートフォンが中国で出現
エレコム、Android / iOS対応のデータ移行アプリが付属するワイヤレスストレージ端末「MR-WI02BK」を発表
Yahoo! JapanとAdobe、Andoridスマートフォン用のホーム画面デザインコンテストを初開催

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP