ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ソルのゲー評】『Left 4 Dead』の開発スタジオが手がけるマルチプレイ・サバイバルアクションシューター『Evolve』をいち早く遊んで来た 面白すぎてヤバイ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『Left 4 Dead』を開発したTurtle Rock Studiosと2Kが送り出す最新作『Evolve(エボルブ)』。海外では10月21日に発売となっており、国内の発売も12月4日に決定した。
今までのFPSと異なりこの『Evolve』はハンター4人で1対の巨大なモンスターを共闘で倒すというサバイバルゲーム。
ハンタークラスは次の4種類。

アサルト …… 攻撃重視でFPSに慣れている人はすんなり使える。
トラッパー …… 敵を追跡して罠を仕掛ける。敵をモバイルアリーナで囲ったり、敵の動きを拘束する銛を撃つことが可能。MAGGIEの場合、ペットのデイジーを使って敵の位置を察知することが可能。
サポート …… ロボット型キャラBUCKETを使えば、自身の首を分離させて遠くから敵を監視することが可能なほか、範囲内の味方を透明にするスキルも使える。
メディック …… 極めて攻撃力は弱いが、メディックは重要な役割となる。LAZARUSを使って仲間が瀕死となったら即時蘇生に向かおう。また相手モンスター以外の雑魚にやられた際も蘇生・回復しなくてはいけない。攻撃力が弱いので常に仲間と共に行動しよう。

上記の4種のハンタークラスには更に特徴的なハンターを選択する事ができ、ハンター毎に使えるアビリティが異なってくる。そしてこのゲームはモンスター側もプレイヤーとなることが出来るのだ。ここからが今までの共闘ゲームと違うところ。

そんな『Evolve』をいち早く2Kさんにお邪魔して発売より一足先……と言うよりも半年も早く遊んできたので是非その様子をご覧頂きたい。

最初はキャラになれてみる

最初は操作説明を受け実際に操作をしてゲームになれてみることにする。FPS好きな自分であったこともあり、難なく入り込むことができた。ちなみにこの日遊んだのはDell Alienwareを使ったPC版でマウス&キーボードでのプレイ。ほかのプレイヤー達はコントローラーでプレイしていたが、自分はマウス&キーボード派なのである。

最初の2時間くらいで全種ハンターをローテーションで遊び一通り慣れてきたかな? モンスターをプレイしてくれた2Kの方も少し手を抜いてくれたのか、ここまではハンターチーム全勝。
そして一休みしてから後半戦突入。実はこの日は朝の10時からお邪魔していたのである。

モンスター側の操作準備

モンスター側を操ってみるも操作がいかんせん難しい。ちなみにモンスター側はFPSではなくTPS(三人称)視点となる。これは囲まれた際に対応できるようにと、モンスターそのものが大きいからなのだろう。2体のモンスターが発表されたがその中で今回はクラーケン(Kraken)というイカ型モンスターを操作。ゲーム開始前にスキルポイントが3つあり、それを好きな技に割り振ることが出来る。計4つの技があるのだが、スキルポイントは3つしか無いので、最初の段階では3つまでしか技は取得できない。また1つの技に絞ってレベル3(MAX)まであげてしまっても良い。そうスキルには段階があるのである。
この段階は、モンスターが進化するごとに上げることが可能。進化するためにはフィールドをさまよう野生動物を倒し、捕食ボタンを押すことによりメーターが一定溜まる。捕食メーターが全て溜まるとEvolve(進化)可能なのである。ちなみにモンスターの進化中は動くことが出来ず暫く拘束されるので、周りにハンター達が居ないか警戒してから行う必要がある。
幸いモンスターは嗅覚という技が使え、この技で野生動物やハンターの居場所を特定可能。安全だと思ったら進化である。覚えることは多いが遊んでしまえば簡単である。

モンスター側の操作準備

ゲームが始まると、モンスター側プレイヤーに20秒のリードタイムが与えられる。これはハンター達が動き出すまでの猶予である。この間に逃げ野生動物を倒し捕食するのである。ただ逃げるだけてなく足跡を残さないように動く必要がある。説明を忘れていたが、スニークという技があり、これを使うと移動が遅くなるかわりに足跡が残らなくなる。またモンスターは壁にへばりついて登ることが出来るので、ハンターが追ってこれない高いところまで一気に登ってしまうのも手である(ハンターはジェットパックを使うと燃料制限があって燃料が切れると落ちてしまうが、うまくコントロールすればホバーすることも可能)。

最初はクラーケンの操作になれずハンターにフルボッコ。モバイルアリーナに囲まれ拘束され火炎放射で焼かれいじめ状態である。「4対1で勝てるのか?」と思った。次の試合は操作に慣れて逃げまくったが、それでも負けてしまった。ハンターでの練習時間が長かったせいもあり、みんながかなり成長しているようだ。ちなみにこの日の参加者は3人。あとはスタッフさん。

モンスターで負けまくり 3度目の挑戦

そして3度目の正直と言うことで再度クラーケンでハンター達と勝負。ここで思いついたのはスキルポイントを均等に割り振るのではなく、最初にMAXまで上げてしまって、捕食後に2個目のスキルをMAXという作戦で行くことにした。その作戦は通用するのか?
ゲーム開始早々に野生動物を殴り倒し捕食開始。運良く野生動物も出てきてくれたお陰で3分も経たない内に進化しスキルアップも成功。そうこうしているとハンター達に囲まれてしまった。しかしこちらの持っているスキルはレベルMAXである。ここでスキルを1発かましてやると、目の前に居たハンター達が次々にぶっ倒れるのである。そうMAX状態は危険。そうとは知らずに近寄ってきたハンター軍団。残りの瀕死ハンターも殴り倒しあっけなく勝利。その場でガッツポーズして大勝利である。すげえ気持ちいい! 

モンスター側を操るという共闘ゲーム

いままで共闘ゲームで「モンスターを操りたい」という願望があったが、それを叶えたのがまさにこのゲームである。もちろんハンターもかなり強くかなりバランスが取れたゲームとなっている。
とくにレベルの高い人と遊ぶとアドバイスをくれたり指示してくれたりと楽しそうである。オンラインプレイならボイスチャット必須だね。

こちら『Evolve』は12月4日にPlayStation 4、Xbox One、PCにて発売される。予約は既に開始されており、特典内容は「Goliath サベッジ スキン」「有料DLCモンスター1体」となっている。
お土産に『Evolve』のTシャツとリストバンド貰っちゃった。

また『Evolve』公式フェイスブックが立ち上がるのでそちらもご覧いただきたい。
Amazonでも既に予約受付中である。

『Elovle』公式ウェブサイト
http://evolvegame.com/
『Evolve』フェイスブック
https://www.facebook.com/Evolve.jp

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP