ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SIMロック解除が来年度にも国内キャリアに対して義務化されることに決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

総務省が、ケータイやスマートフォンを含む携帯端末の「SIMロック」の解除を来年度にも国内キャリアに対して義務化することを決定したというニュースが伝えられています。

「SIMロック」は端末を買ったキャリアのSIMカードしか使えないようにする縛り機能です。国内ではケータイ時代からSIMロックが普通で、つい数年前から一部の機種に限って別途手数料を支払えば解除できましたが、各社のサービス(キャリアメールなど)は自社の端末にしか対応しないものが多く、その恩恵を受けられるのは一部の人、一部の機種に限られているのが現状だと思います。

SIMロック解除の詳細が決定するのは年内中だと言わていますが、SIMロック解除が義務化されることでユーザーにとっては次のような状況になると予想されます。

端末で使用するSIMカード(キャリアの回線)を自由に選べる(対応周波数が合えばの話)、そうなるとキャリアは自社ユーザーの流出を防ごうとする一方で、他社のユーザーを取り込むことも活発に行う。すると、例えば、自社のサービスを他社でも満足に利用できるようにする。他社から入ってくる端末がどのようなものかは決まっていないので、サービス内容は汎用的なものになる。

最初からSIMロックフリーで小売販売されている端末でもある程度各社のサービスを使えるようになる。海外端末が現在と比べてより国内端末並みに使えることをチャンスと見た国内メーカー・海外メーカーが海外モデルを日本市場に投入することを検討。海外でしか手に入らなかった端末までもが国内で購入できるようになる。高いお金と労力を費やして輸入する必要が減ってくる。海外端末愛好家(そうじゃなくても)にとっては今よりも手軽に安く調達できるようになる。

これと並行して、利用する回線も種類が増えて、今よりも安くなっていくと思います。

Source : MSN産経


(juggly.cn)記事関連リンク
NVIDIAがTegra K1を搭載した新たなAndroidデバイスを開発しているとBBCが報じる
MMD研究所、「MNPユーザーのスマートフォンネットワーク調査」の集計結果を発表、「つながりやすさ」と「速さ」を実感した人はソフトバンクが3社中トップ
メディアシーク、スマートフォンでQRコードを読み取るだけで動画を自動再生するQRコード作成サービス「MovieQR」を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP