ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

複数のカレンダーを一括管理できるアプリ「Sunrise」からMac版がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カレンダーアプリ「Sunrise」はGoogleやiCloud、Facebookのカレンダーを同期させてスケジュールを一括管理できるとして、人気が高い。そのSunriseからMac版がリリースされ、さらに使い勝手がよくなった。

Sunriseはこれまで、iOS、Android、Google Chrome拡張機能版が展開されていて、今回加わったMac版はそれらと双方向で同期させることができる。すでにSunriseユーザーで普段Macを使うことが多い人なら、ダウンロードしておくと便利だろう。

もちろん、初めて使うという人にもおすすめのアプリだ。使うにはまずFacebookやGoogleのアカウント、もしくはメールアドレスでサインアップする。そして連携させたいカレンダー(iCloud、Facebook、Exchangeなど)やアプリ(LinkenIn、Foursquare、Twitterなど)を選ぶ。

Sunriseの特徴の1つがInterestingカレンダーの存在。これは国ごとの祝日やスポーツのスケジュールなどが追加できるというもので、例えば「ムーンフェイズ」を選ぶと、月の満ち欠けが表示され、「F1」を選ぶとF1グランプリのスケジュールが追加される。

なので、自分の公私の予定に加え、興味のあることなどもカレンダー上で管理できる。もちろん、イベントやスケジュールのテーマによる色分け、アイコン添付、アラート設定も可能だ。

シンプルながら美しいUIで、そして遊び心もあるこのアプリ、何より無料で利用できるのがうれしい。現在使っているカレンダーアプリに不満がある人、複数のアプリを使い分けている人などはチェックしてみてほしい。

Sunrise

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP