ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野々村竜太郎氏、一旦削除したお詫び文を修正してブログに再掲載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元兵庫県議・野々村竜太郎氏は7月14日、一連の騒動についてのお詫び文を自身のブログに掲載した。

 このお詫び文は7月12日に一度掲載されていたが、後に削除。今回改めて内容を修正したものが掲載されている。

【関連:東京大学、SNSの“ネット炎上につながる投稿”自動判別システム研究開始―将来的には実用化も】

■野々村氏ブログ:辞職に伴うお詫び等(投稿日時:2014年07月14日(月) 08時00分00秒)
http://ameblo.jp/nonomuraryutaroblog/entry-11893783513.html

 内容がよくわかりにくいので、ザックリ説明させていただくと、大体以下のようなことが書かれている。

<ザックリ言うと>
騒動の原因となった「政務調査費・政務活動費収支報告」について、不適切な支出が「明らかになった」として、県民並びに、関係全てに謝罪。
そして、過去の全支出に利子を加えた総額を、一括返納すると説明。さらに刑事告発されたことについては「真摯に深刻に受け止め、非常に反省しています」としている。

また、今騒動に関連し、議会関係機関等への電話・メール・Faxでの問い合わせについては、職員の対応限界を超えていると説明し、「容赦してもらえないか」とお願い。他にも自宅近所・親類などへの取材自粛を報道に対し要請している。

最後には、「号泣会見」及び、「政務活動費が議員活動全体に比較すれば小さいことと」と発言したことを謝罪。「本当に誠に心からお詫び申し上げます。 」という言葉で結んでいる。
<ザックリここまで>

 12日に掲載していた文章では、全体1/2ほどをさき、取材トラブルについて社名を書いて触れていたが、今回の文章ではその辺ごっそり削除されている。
この取材トラブルについては、他にも2つほど7月に入りブログに投稿されていたが、それら含め既に削除されている。

 今騒動は、野々村氏の「政務調査費・政務活動費収支報告」に不適切な支出があるとして問題になっていたもの。問題を受け、7月1日に記者会見が行われたが、会見中の野々村氏の振るまいに「号泣する」など、議員らしからぬ行為が多々あったため、根本の問題はもちろん、その振る舞いが世間から大きく注目を集めていた。
なお、一連の騒動の責任を取り野々村氏は、7月11日議員辞職願いを提出。しかし、同日のハフィントンポストの報道によると、県議会各会派代表10人連名で、「虚偽公文書作成・同行使容疑」で兵庫県警に刑事告発、受理されているという。

※画像は野々村竜太郎氏公式ブログのスクリーンショット。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP