ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

6億円サマージャンボ宝くじ 組は後半、番号は前半が狙い目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宝くじファンにとって「夏の風物詩」ともいえるサマージャンボ宝くじが、7月25日(金)まで発売されている。

 目玉は何といっても、サマージャンボ史上最高となる「1等・前後賞合わせて6億円」が当たることだ。そして同時発売されているのが、今回新登場のサマージャンボミニ6000万。1等6000万円が90本も当たるだけでなく、2等600万円、3等60万円、4等6万円などの中間賞金が豊富というのも魅力である。

 ところで、過去10年間のサマージャンボで1等に当せんした番号を調べたところ、組は後半、番号は前半が狙い目という特徴がみられた。ジャンボ宝くじの組は01組から100組まで、番号は10万番から19万番という構成になっている。ということは「51組から100組」と「10万番から14万番」を組み合わせることで1等に近づけるかも。これから買われるかたは、参考にしてみてはいかがだろうか。

※女性セブン2014年7月24日号

【関連記事】
最も2億円当たりやすい宝くじ発売 当選確率ジャンボの5倍
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
新宝くじ「2000万サマー」は“連番”より“バラ”が狙い目

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP