ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野々村竜太郎氏政務活動費を精査 不自然支出のオンパレード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 動画投稿サイト「YouTube」での再生回数が500万回超え。世界中の人々を唖然呆然とさせた「号泣絶叫会見」の野々村竜太郎・兵庫県議は7月11日、辞職願を提出し、即日受理された。

 野々村氏の嗚咽のインパクトが大きすぎたため世間ではそればかりが注目されているが、問題の本質はそこではない。彼が追及された「政務活動費」の不正支出疑惑の根は深い。改めて野々村氏の政務活動費を精査すると、不自然な支出のオンパレードだ。

 1年間に日帰り出張を195回、約300万円。3年間で345回分の交通費としてトータル800万円を受け取った。切手購入代250万円は、宛名も内訳もない金券ショップの領収証が添付されていた。自宅近くのスーパーで1000円未満の少額の買い物の繰り返し。家電量販店でアンプやパソコン、プロジェクターなど一度に80万円分を大人買い……。

 なかには、大雨が降って特急列車が運休している日に特急のグリーン車で出張していることになっていたり、兵庫の城崎温泉に出かけたはずの日に大阪や神戸で切手を買っていたりするなど、明らかな矛盾も散見された。

 不審に思った議会事務局が本人に再三説明を求めていたが、それを無視して続けてきたというから、野々村氏が相当図太い人物であったことは確かなようだ。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
政務活動費 東京都議会は総額8.8億円で98%使用、返還は2%
野々村県議、年老いた母と2人暮らしの自宅に帰らず 母も不在
野々村元県議 市役所在籍時「人と会わぬ部署」に異動の過去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP