ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バーチャルオーケストラで指揮棒を振って、あなたも指揮者に変身!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MendelssohnEffektoriumクラシック音楽が好きで、コンサートに出かけて楽しんでいる人もいるだろう。指揮者がオーケストラの前で指揮棒を振る臨場感は、生の音楽ならでは。オーケストラを取りまとめる指揮者、1度はやってみたい……なんて思うなら、「Mendelssohn Effektorium」が興味深いかもしれない。

デザインスタジオWhite Voidが開発したもので、ドイツのLeipzigにある「Mendelssohn-Bartholdy Museum」に設置されている、インタラクティブな装置である。博物館を訪れた人たちが指揮者になって、バーチャルなオーケストラを指揮し、音楽を演奏できるという。

博物館では、ドイツ出身の作曲家Felix Mendelssohn-Bartholdyにまつわる展示をおこなっている。この「Mendelssohn Effektorium」もその展示品の1つで、装置にはMacMiniが内蔵されている。

展示スペースには、全部で13個の縦長でスリムな形状の物体が林立していて、1つ1つがスピーカーになっている。これらのスピーカーは、木管楽器、金管楽器、パーカッション、声楽など、それぞれ異なる楽器、音を担当する。スピーカーにはディスプレイがついていて、ライトが点灯し、今どの楽器を受け持っていて、いつ演奏したのかがわかるようになっている。

MendelssohnEffektorium2それでは、操作の仕方を説明しよう。ユーザーはまず、指揮台の役割を果たす32インチのタッチスクリーンの前に立つ。次に、Mendelssohn作曲の音楽の中から、演奏したい好きな曲を選択する。そして、特殊な指揮棒を構え、指揮棒を動かして演奏をスタートする。

この指揮棒は、動きを検知するLeap Motionコントローラーになっていて、指揮者の動きをリアルタイムで計測し、演奏のスピードに反映させる。演奏テンポを自由自在に変えられるだけでなく、ユーザーはある楽器の演奏を停止させたり、音響に変更を加えたり、転調をおこなうことも可能。

1度は指揮棒を振ってみたかった人、自分の解釈ではこういう演奏にしてみたいと思っていた人。本当にオーケストラの前で指揮棒を振っているかのような気分になれる、楽しい体験ができそうだ。

Mendelssohn Effektorium

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。