ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンダーグラフ、地元大阪でCD発売イベント京阪電車臨時列車「明日は続くよどこまでも号」運行

DATE:
  • ガジェット通信を≫
アンダーグラフ、地元大阪でCD発売イベント京阪電車臨時列車「明日は続くよどこまでも号」運行

シングル「ツバサ」でのデビューから10年経て、ミニアルバム「未来は続くよどこまでも」で再メジャーデビューを果たしたアンダーグラフが、7月12日、リリース記念イベントとして、CDジャケットでデザインされたヘッドマークを掲出した京阪電車特別イベント列車「明日は続くよどこまでも号」を運行し、同日、くずはモール「SANZEN-HIROBA」で開催されたフリーライブに800人のファンを集めた。なお、CDジャケットが電車のヘッドマークになるのは初めて。

アンダーグラフの地元大阪で、京阪電車とのコラボレーションによるミニアルバム「未来は続くよどこまでも」発売記念イベントは、京阪電車 中之島駅ホームにて、史上初となる、「ツルモク独身寮」でお馴染みの人気漫画家、窪之内英策氏書き下ろしによるCDジャケットでデザインされた列車ヘッドマークがお披露目され、メンバー自ら列車に取り付けられた。

続いて、特別イベント列車「明日は続くよどこまでも号」が中之島駅から樟葉駅まで運行され、車内では、メンバーが各車両でアコースティックライブをサプライズする一幕も。ヘッドマークが掲出された「明日は続くよどこまでも号」は、7月24日までの期間、通常営業列車として大阪ー京都間を一日数往復する。

また 同日、くずはモール「SANZEN-HIROBA」にて開催されたフリーライブでは、ミニアルバム「未来は続くよどこまでも」より収録曲「君が君らしくいられるように」、「旅する花の物語」、彼らの代表曲「ツバサ」を含む5曲に、京阪電車CMソングでオンエア中の新曲「明日は続くよどこまでも」を加えた全6曲が演奏された。「明日は続くよどこまでも」では、スペシャルゲストとして京阪電車イメージキャラクターおけいはん 中之島けい子が登場し、トランペットで演奏に参加し、リリース記念イベントに花を添えた。

リリースイベントを終えてボーカルの真戸原は、「1つのロックバンドが、臨時列車を走らせ、その車両の中でライブをするなんて、中々無い事なので楽しかったです。心地よい揺れの中で、故郷の見慣れた景色を見ながらのライブは忘れられない一日になりました。こんなにも応援してくれ、協力してくれた京阪電車さんにはとても感謝しています。毎日を素敵な日々にする為に、ワクワクする事をしようという、優しさ、温かさを学んだ気がします。また、楽しい事、一緒にやりましょう。笑そして、臨時列車に一緒に乗ってくれた皆様、そしていつも応援してくれる皆様、アンダーグラフ、デビュー10周年、そして再デビューの報告を地元で出来たので、これからもさらに応援よろしくお願いします!」とコメントを寄せた。

なお、アンダーグラフは、9月22日、渋谷公会堂でのワンマンライブ「アンダーグラフ デビュー10周年感謝祭~僕らは変わらずに、変わり続ける旅をする2014~」の開催が決定している。

リリース情報

ミニアルバム「未来は続くよどこまでも」
2014年7月9日発売
CRCP-40381 1,800円+税

「明日は続くよどこまでも」PV

関連リンク

アンダーグラフ オフィシャルサイトhttp://www.under-graph.com
アンダーグラフ Facebook Pagehttp://www.facebook.com/undergraph
アンダーグラフ Ustreamチャンネルhttp://www.ustream.tv/channel/undergraph-channel
アンダーグラフOfficial Twitter https://twitter.com/staff_ug

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。