ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「厳しすぎるルール」で有名な頑固すぎるラーメン店が再び話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

店主の主義主張が濃すぎたり、一見さんにとってはにわかに信じがたい、 不可思議なローカルルールを徹底しているいわゆる”頑固なラーメン屋”が時折ネット上で話題となるが、最近、ネット上でちょっとした騒動を巻き起こしているのが、「あまりに厳しいルールが設定されている」と噂の店。店を訪れた人々の証言によると、ザッと確認するだけでも、下記のような”厳しすぎるルール”があるのだという。

■強制退場となるルール

・配膳されたラーメンのスープを先に飲まない
・ラーメンが配膳される前に卓上の高菜を食べる
・喫煙
・携帯の使用(着信音も不可)
・カメラ、携帯での撮影
・店の前への路上駐車
・子供連れ
・地図を持っての入店(一見さんお断りの為)
・店内をキョロキョロ見回す(同上)
・メニューを聞く(同上)
・大盛りを注文(メニューを知らないと見なされ)
・関西弁を喋る(店主が嫌いだそう)

…と、これだけでもかなり厳しいが、それに加え、店内には以下の内容を記した貼り紙も。

【お断り】
当店は「ラーメンはスープが命」とこだわる方が集う専門店です。
まずはスープから「吟味」することがお好みでない方は当店の御利用を御遠慮ください。

このあまりに”厳しすぎるルール”に、ネット上では、

「ワロタwww」
「ギルティwww」
「関西弁NGとかwwwwww」
「ここでなんJのオフ会開くやで~wwwニッキニキのンッゴンゴにしてやるんやで~wwwwww 」

との声もあがっているが、実はこの店、以前から『高菜食べてしまったんですか?!』のコピペで有名な店。そのため、ネット上での騒動を受け、「ここの店主はとっくの昔に丸くなったそうだよ」との声も。

地元ではこうした騒動とは関係なく、人気だという同店だけに、現在、どのような雰囲気となっているのか、気になるところである。

文・葛西敦規

【参照リンク】
・元気一杯 – 食べログ
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400106/40000488/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP