ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

顔のツボを指の爪先で押して刺激する爪押し健康法の効果は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 病気とまではいかないが、慢性疲労、偏頭痛、不眠など、何となく不調を感じる場合、自律神経の乱れが原因のことがある。自律神経は脳や血管の働き、ホルモン分泌などを調節する大切な器官だ。

「顔は、自律神経の中枢にある脳幹部の三叉神経に支配されています。顔の皮膚が刺激を受けると、三叉神経から直接脳幹に伝わり、自律神経やホルモンなどに影響を与え、体温、食欲、性欲、睡眠、免疫等が調整されます。

 つまり、顔を刺激することは、自律神経そのものを調整することと同じなのです」

 そう語るのは、『脳神経外科医が考案した超健康になる「顔もみ療法」』の著者で、和歌山のナガタクリニック院長・長田裕さん。西洋医学の神経解剖学と東洋医学の経穴(ツボ)理論を融合させ、体に備わる自然治癒力を高める“無血刺絡療法”を考案した長田さんは、その治療でパーキンソン病など難病治療の効果を上げているという。

 無血刺絡療法を誰でも簡単にできるように、長田さんは“顔もみ”を考案した。これは指の腹を使い、顔の5つのゾーンを“イタ気持ちいい”強さで刺激しながらもみほぐすもの。

 自律神経を整え心身をリラックスさせるので、頭や体が軽くなり、肩こり、疲れ目、花粉症、歯周病などの症状の軽減効果があるという。

 それを発展させた“爪押し”は、指先でなく、よりピンポイントで刺激を与えられる爪先を使う健康法だ。

「マッサージするのに、爪が長くてできないという人がよくいますが、皮膚にほどよい刺激を与え、自然治癒力を高めるために、爪で刺激を与えることは効果的です。ただし、肌を傷つけない程度の“イタ気持ちいい”強さを守ってください」(長田さん)

「私たち医師が行う“無血刺絡療法”というツボ療法は、ピンセットや爪楊枝など、とがった道具で治療する方法で、個人が行うのは難しいのですが、爪先を使えば、誰でもほどよい刺激を顔などのツボに与えることができます。

 爪押しをする場合は、人差し指、中指、薬指の3本の指を使い、爪先を揃えて皮膚を爪で押すこと。自分の爪を使ってツボを押すのですから、肌を傷つけるほど強く押す人はいないでしょうが、あくまでも“イタ気持ちいい”程度に押すことが大切です」(長田さん)

 肌をポンポンと軽く叩いて刺激を与えるのではなく、指圧のようにジワーッとゆっくり押圧するのが効果的だ。

「眼精疲労などに効果がある、眉毛のツボは、仕事の合間にも刺激できます。化粧崩れもしにくく、爪あとも目立ちにくいので、疲れを感じたら、押してみましょう」(長田さん)

※女性セブン2014年7月10日号

【関連記事】
美肌のためには成長ホルモンが活発な22~2時の間に寝るべし
更年期障害対策には利き手と逆の手で携帯電話のメールを打つ
健康な生活をするには21時に就寝し6時起きで湯たんぽを使う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。