ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、京セラ製URBANO L03のソフトウェアアップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは7月14日、京セラ製Androidスマートフォン「URBANO L03」のソフトウェアアップデートを開始しました。今回は不具合解消を目的としたアップデートです。具体的には、PCメール用のメールアプリで発生したエラー多発問題の修正と、タッチ操作時に画面が黒くなる現象が修正されているそうです。更新ファイルの容量は約23MBで、L03単体でダウンロードできます。端末の設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「ソフトウェア更新開始」の順にタップすると手動でアップデートを実施できます。アップデートにかかる時間は11~13分。アップデート後のソフトウェアビルドは「101.0.2510」となっています。Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z2aの製品箱・中身の写真
MediaTekのオクタコアプロセッサを搭載した音声通話機能付き10.1インチタブレット「Ramos K100」が発表
SIMロック解除が来年度にも国内キャリアに対して義務化されることに決定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP