ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

特技は催眠術 西日本放送出身の美人キャスターを撮りおろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 地元のアイドルが日本のアイドルに! 最近、地方局出身の美人キャスターが増えている。ここで紹介するのは、西日本放送(香川)出身の榎本麗美さん(31)。現在、『日テレNEWS24』(CS)に出演中だ。

「催眠術がかけられます!」──彼女は、この特技で番組のオーディションに受かったという。

「催眠術って脳科学なんです。仕事で緊張しないようにとか、原稿を上手く読めるようになど、自分をコントロールできるんですよ」(榎本さん。以下「」内同)

 ニュースを読み続ける今の姿からは想像もつかないが、西日本放送時代はニュース読みが苦手で、なかなか読ませてもらえなかったという。

「番組デビューの日、報道局全員がテレビの前に集まって私の姿を批評する鑑賞会が開かれたそうです(笑い)」

 そんな地方局時代、彼女がよく通ったのが小豆島。

「香川の人にとっては季節を告げるのはオリーブ。お天気を担当していたこともあって、一年中通って取材していました」

◆榎本麗美(えのもと・れみ):1983年2月13日生まれ。千葉県出身。身長165cm。帝京大学理工学部バイオサイエンス科卒。2007年に西日本放送を退社してフリーに。現在、『日テレNEWS24』(CS)の火曜・土曜担当のキャスターを務める。

撮影■橋本雅司

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号


【関連記事】
好きな天気は「ゲリラ豪雨」という美人気象予報士撮りおろし
日テレ社員「WBC放送ないの痛いがウチには山岸舞彩がいる」
局アナ減らし進むテレビ界 フリーの即戦力確保が喫緊の課題

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP