ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

号泣県議・野々村氏 宇宙エネルギーでダイエット成功の証言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一夜にして世界の有名人となってしまった「号泣県議」の野々村竜太郎氏(47)。杜撰すぎる政務活動費の不正使用もさることながら、釈明会見での「ア゛ア゛アァーン! やっと議員になったんです! アッハーン!」と泣きわめく姿は強烈だった。彼の政治家としての資質を批判すればきりがないが、それを措いて興味が湧くのは彼の奇行のルーツである。

 ここ数年、兵庫県西宮市の巨大団地にある野々村氏の部屋からは、「あの会見」を思わせる奇声がたびたび聞こえてきたという。同じ棟に住む男性がいう。

「そう、“アビャ~ン! アビャビャビャビャ~!”というような声でした。もう大笑いしているのか、大泣きしているのかすらわからない。何の前触れもなく深夜に突然響き渡るから本当に不気味だった。県議やったなんて、今度の一件で初めて知りました。信じられへんわ」

 激情をコントロールできない人物であることは会見でも容易に窺えたが、スイッチの入っていない「平常時」もやっぱり妙だ。自らを「ののちゃん県議」と名乗ったり、両耳に手を添えて、人を小馬鹿にしたような手振りで「何?」と聞き耳を立てるなんて序の口。彼と接した人々を取材すると、

「“議会に許せないヤツがいるんや。呪いをかけるんや”とブツブツつぶやいていた」(中堅県議)

「宇宙のエネルギーでダイエットに成功した、と力説された」(地元記者)

 など、異様なエピソードが次々と出てきた。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
野々村県議、年老いた母と2人暮らしの自宅に帰らず 母も不在
野々村県議 生花店に「なんで俺に聞くんだよおおお」と激高
たけし 森元首相息子逮捕で「この親にしてこの息子あり」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP