ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

官邸 北朝鮮が返す拉致被害者は有本恵子さんとの感触を掴む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北朝鮮が日本からカネを引き出すための最大の駆け引き材料が拉致被害者という「人質」だ。国家ぐるみの重大犯罪を犯した側が交渉の主導権を握るという異常な関係の中、金正恩は安倍晋三首相に陽動作戦を仕掛けている。

 北朝鮮が誰を返してくるのか情報が錯綜する中で、複数の政府関係者から流れているのが、1人の政府認定拉致被害者の名前だ。

「まだ断定はできないが、官邸は北が返してくるのは有本恵子さんではないかという感触を掴んでいる」(官邸の安倍側近の1人)

 有本さんは1983年に留学先のロンドンで失踪。よど号ハイジャック犯の妻2人の工作で北朝鮮に連行されたと見られている。北朝鮮は、「1988年にガス中毒で一家3人全員が死亡した」と説明しているが、証拠は提示されていない。

 有本さんの帰国情報には2つの理由が考えられる。特定失踪者問題調査会代表の荒木和博・拓殖大学教授はこう語る。

「2002年の小泉訪朝前に有本さん帰国の情報が盛んに流れたことがありました。これは推測ですが、有本さんの名前が出ているのは北にとって入国の経緯を誤魔化しやすいからではないか。

 有本さんの場合、実態は拉致だったとしても、暴力的な手段で連れ去られたわけではない。留学先で工作員の甘言に騙され、北に入国したとされています。北朝鮮側にすれば、『拉致ではなく、本人の意思で入国し、その後もわが国に残った』と主張することができる」

 もう一つは、有本さんは安倍首相が拉致問題にかかわる原点になった被害者だったからである。

 1988年、同じ拉致被害者の石岡亨さんから日本の家族に手紙が届き、その中で有本さんの消息も伝えられていた。それを知らされた有本さんの両親は上京して、安倍首相の父で自民党幹事長だった安倍晋太郎氏に助けを求めた。その時、父の秘書として訴えを聞いたのは安倍首相その人である。

 北朝鮮側にすれば、そうした経緯から、「有本さんを帰国させる用意がある」とほのめかせば、たとえリストに載せる拉致被害者が1人だけでも、安倍首相は乗ってくると計算したのではないか。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
拉致問題や拉致被害者の家族は韓国政府にとって厄介な存在
北の日本人所在調査 拉致被害者、特定失踪者抜け落ちる恐れ
金正日死去は横田めぐみさん帰国のチャンスとジャーナリスト

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP