ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

拉致をカードに使う金正恩と安倍政権の奇妙な一蓮托生の指摘も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北朝鮮に拉致された日本人は本当に帰ってくるだろうか。これまでの経緯から「北は譲歩を小出しにする。大きな進展は望み薄では」という悲観論もある。出方は読みにくいが、私は「北は動く」とみる。それにはいくつか理由がある。

 まず、北朝鮮はかつてなく追い詰められている。北の核実験を不快に思った中国は昨年5月、中国銀行にあった朝鮮貿易銀行の口座を凍結し、取引を停止した。朝鮮貿易銀行は北朝鮮の貿易決済を握っている。これで北は輸入や外貨入手が困難になった。

 加えて、中国は今年1月から原油供給もストップした。北はカネと油で締めあげられ、青息吐息の状態なのだ。実力者、張成沢(チャンソンテク)の粛清で中国とのパイプも途切れてしまった。中国はあきれて韓国に急接近している。中国は北の崩壊と「韓国による朝鮮半島統一シナリオ」も織り込み始めたかのようだ。

 北朝鮮の最終目的は、ずばりカネだ。今回の日朝合意文書はこんな書き出しで始まっている。「双方は日朝平壌宣言にのっとって、不幸な過去を清算し、懸案事項を解決し、国交正常化を実現するために真摯に協議を行った」

 小泉訪朝時に結ばれた日朝平壌宣言のキモが何かといえば、国交正常化後の日本からの経済協力である。多くのマスコミは制裁の一部解除に目を奪われているが、実は北にとって真に重要なのは、数兆円ともいわれる経済協力資金が手に入るかどうかなのだ。それには拉致問題の解決が絶対条件になる。

 安倍晋三政権は拉致問題を中途半端な形で解決できない。「まだ生存者がいるかもしれないのに見捨てた」といった批判が出れば、政権の命取りになってしまう。

 金正恩(キムジョンウン)第一書記は安倍と奇妙な一蓮托生の関係にある。北が安倍を窮地に追い込めば、経済協力は夢物語になって自分が困る。安倍にそんな弱みはない。ゲームで優位に立っているのは安倍である。相手を納得させなければならないのは金正恩なのだ。

 安倍は納得できなければ、解除した制裁措置を復活すればいい。北がカードを握っているように見えて、実は安倍が鍵を握っている。

 北朝鮮は小泉訪朝で大失敗した。直接交渉したミスターXと外務省アジア大洋州局長が練り上げた「一時帰国」の事前シナリオが、安倍(当時、官房副長官)の大反対に遭って途中で狂い、結局、拉致被害者5人を永住帰国させてしまった。それなのに巨額の経済協力は実現せず、北が手にしたのは、わずか12万5000トンのコメにすぎない。

 今回は「二度と同じ轍は踏めない」と考えているのではないか。

(文中敬称略)

文■長谷川幸洋:東京新聞・中日新聞論説副主幹。1953年生まれ。ジョンズ・ホプキンス大学大学院卒。政府の規制改革会議委員。近著に『2020年新聞は生き残れるか』(講談社)。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
拉致命じられ日本に潜入した韓国秘密工作隊の悲劇を描いた本
北の日本人所在調査 拉致被害者、特定失踪者抜け落ちる恐れ
中国が「北朝鮮は自国領」と伏線張っていると櫻井よしこ氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP