ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京セラがサファイアガラスを用いたキズや衝撃に強いスマートフォン用カバーガラスを開発しているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京セラがサファイアガラスを用いたキズや衝撃に強いスマートフォン用カバーガラスを開発しているとCNETが報じました。この話に関連して、YouTubeには“Randy Katz”という方が「Kyocera Sapphire v3」というガラスカバーのデモ動画を公開しています。この動画では、巷で“強化ガラス”と呼ばれているカバーガラスと、京セラのサファイアガラスをスマートフォンサイズのモックアップに取り付け、擦ったり打ち付けたりしてその頑丈さを比較しています。動画をご覧になれば他社製ガラスではキズや割れが生じた一方、京セラ製ガラスはほぼ無傷であることがわかります。比較対象が明かされていないので何とも言えませんが、一部の強化ガラスに比べて高い耐衝撃性能を持つようです。Source : CNET


(juggly.cn)記事関連リンク
Amazon.co.jp、journal standard FurnitureやBEAMSとコラボしたKindle Fire HD/HDX/HDX 8.9専用のオリジナルケースを発売
Google Playストアのイースターエッグを発見、キーワード無しで検索すると・・・
KDDI、京セラ製URBANO L03のソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。