ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クールビズの「胸毛」問題 「暑苦しい」「だらしない」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暑い夏、環境問題に配慮するという意味での「クールビズ」を取り入れている会社も多い。会社内の空調の設定温度は28度にするなど節電に心がけつつ、「社内では軽装」を呼びかけるものだ。ところが、この「暑さをしのぎやすい軽装を励行する。ただし、強制するものではない」という内容が、かえって悩みを生む元にもなっている。

「Gパンは良いのか」
「アロハシャツは良いのか」
「Tシャツは良いのか」

等々で、なかには、

「就職説明会などに、“平服で構わない”とあったので、TシャツにGパンで行ったら『社会人マナーがなっていない』などといわれた。クールビズのお触れも同じように、本気で“軽装”をしたらダメなのか」

と悩む新入社員の声もある。

クールビズといっても、企業や職務によって基準は違ってくる。大手企業で一般的なのは、基本的にトップスはカッターシャツやポロシャツなど、襟が付いているものが原則。ボトムスはスネが出るものは避け、綿のパンツなどが“間違いない”格好。Gパンやハーフパンツは、様子を見ながら……といったところだ。

さて、そんなクールビズだが、服装だけでなく、「胸毛」「すね毛」についての悩みもあるらしい。

まず、すね毛について。

「クールビズとか言ってハーフパンツ許可するなら、目立つスネ毛も禁止しろ」
「職場で短パンを提案したらスネ毛なんとかしろと言われました」

と、周囲からは「すね毛が見えているほうが暑苦しく、まったく爽やかさを感じない」などという苦情もあるもよう。また、胸毛については、ネット上に

「クールビズし過ぎ!胸元がだらしねー!ちょろりと生えた胸毛がこんにちはしてるよ!助けてーヽ(;▽;)ノ」
「クールビズ対策としてノーネクタイも有ですし、Yシャツのボタン開けててもいいと思います。でも、モシャモシャとした胸毛が見えている人って……。私は、苦手だわ…。」

などという声があがっており、ボタンを開けたときに見えてしまうのは大不評。ちなみに、実際に胸毛がある男性陣に話を聞いてみると、

「夏、ボタンを開けたら見えそうな部分だけ剃っている」

という声も多かった。

悩ましいクールビズ問題だが、少なくとも体毛関係は、あまり見せないように心がけたほうが無難なようだ。

【関連記事】
環境省のスーパークールビズ アロハシャツにクロックス職員
クールビズで男の「透け乳首」が見えるためシャツ着用令出る
金子哲雄氏 この夏、暑さ対策に「お着替えビズ」流行ると予測

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。