ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水島臨海鉄道の女性運転士 地元の友達や親戚の応援が励みに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏休みともなれば、今年も子供や孫をどこか旅行に連れていかなくてはならないと、頭を悩ますあなたに朗報。男ばかりの職場だと思われてきた鉄道現場に、いま続々と美女が増えているのだという。

 そんなレールウーマンたちを密着取材した『それゆけ!女性鉄道員』(イカロス出版)などの本も出版されている。ここで紹介するのは、水島臨海鉄道(岡山県)の運転士・中原萌緑(なかはら・もえみ)さんだ。

 ニュースで見た路面電車の女性運転士に憧れて、この道を志したという中原さん。「友達とか親戚が乗ってきて『頑張っとるね』なんていってくれる。運転士ってとても楽しい仕事ですね」。

※週刊ポスト2014年7月18日号


【関連記事】
大井川鐡道の女性運転士 女性初のSL運転士を目指し体鍛える
秩父鉄道の女性運転士 旅客電車だけでなく機関車も運転する
元新幹線運転士の著者ならではのエピソードが満載された本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP