ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トルコに行きたくなって仕方がなくなるマンガ2冊紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【漫画紹介】『トルコで私も考えた トルコ入門書』高橋由佳利/集英社文庫/605円
【漫画紹介】『白い街の夜たち 第1巻』市川ラク/KADOKAWA/734円

 夏休みのご予定は決まりましたか? 忙しくて海外旅行は無理かな…というかたも多いかと思いますが、脳内で旅行計画を立てるだけでも楽しいもの。私の脳内ではトルコ行きが着々と進んでおります!

 ここ数年、テレビなどでもトルコが取り上げられる機会は増えましたよね。欧米やアジアなどの海外情報が溢れる中、トルコにはいまだ謎めいた部分があるからなのでしょうか。私は、やはりマンガの中のトルコから多大な影響を受けています。

 マンガのトルコものの大定番といえば、高橋由佳利『トルコで私も考えた』シリーズ(集英社)。知られざるトルコの暮らしがユーモラスに、詳細に描かれていきます。一人旅で初めて訪れた時から、ロマンチストでジョークが好きで、家族やご近所を大事にし、人づきあいがきめ細やか…なトルコの人々に惹かれ、翌年には語学留学、その翌年にはトルコ人の旦那様と結婚! そして現在は神戸でトルコ料理店を経営…。著者の人生を見ていると、一度行ったら抜け出せない、トルコの持つ底なしの魅力がよーくわかります。

 最近、トルコへの思いを強くかき立てられたのは、市川ラク『白い街の夜たち』(KADOKAWA)。こちらの舞台はトルコ…ではなく新宿です。でもページから漂うトルコの香りは強く、濃厚! 服飾デザインの学校に通う文子は、トルコ料理店の店主・ホジャに半ば無理矢理誘われ、アルバイトをすることに。

 最初は恐る恐る店に通うものの、焼きたてのエキメッキ(パン)の香りにはお腹がグウウと鳴り、バクラヴァ(お菓子)のあまりの甘さには頭の中で星が飛び、とすぐにトルコ料理に目覚めます。そして同僚のベリーダンサー・ざくろの妖艶な踊りにインスパイアされ、苦手なデザイン画も描き上げることに成功。萎縮しがちで影のある文子の表情が、トルコとの出合いで変わり始めます。

 嫉妬、罪悪感、劣等感、恋…青春期のさまざまなテーマが、トルコの文化と渾然一体となり、熱風のように迫ってきて、いてもたってもいられなくなります。ああ、トルコが私を、そしてあなたを呼んでいる。(文/門倉紫麻)

※女性セブン2014年7月24日号

【関連記事】
「一汁三菜」こそ日本の食文化 世界無形文化遺産へ登録申請中
日本とトルコの深い絆 きっかけは1890年のトルコ船乗員の救助
東京五輪決定後のトルコ 「お・も・て・な・し」には無反応

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。